Nowhere To Hide

王様に会いに 1













現在でこそベナン共和国という名前の国だが、このベナンの海岸に面する南側の国土は元々17世紀からダホメ王国という王様が組織する専制君主制の王国だった。

このダホメ王国は奴隷貿易で収益を上げた国として有名だ。1892年にフランスに征服され、その後独立を果たしてベナン共和国と改名した経緯がある。ベナンの海岸の都市ウィダーは、奴隷を多く輸出した海岸としても有名である。

この時代以前は幾つかの王国が存在していたが、僕が住む内陸地アラダにはダホメ王国以前からアラダ王国があった。というよりも正確に言うと、今も王様はいる。僕の住む家からバイクで15分ほどの場所にある王宮に偶然にも訪問する機会を得た。アラダ王国の王宮。現在のアラダ市内から7,8キロほど離れた場所が、歴史的にはアラダの中心なのかもしれない。今はアラダの郊外にある村にすぎない。

王宮前で30分程待たされた後、王宮内に案内される。










c0248100_5333282.jpg
























c0248100_5335235.jpg
























c0248100_5341214.jpg
























c0248100_5343274.jpg
























c0248100_5345232.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2017-02-23 05:38 | ベナン | Comments(0)