Nowhere To Hide

カテゴリ:タスマニア 動物( 20 )

パディメロンの親子


















c0248100_2014733.jpg
























c0248100_20143331.jpg
























c0248100_20153397.jpg
























c0248100_20155741.jpg
























c0248100_20161481.jpg
























c0248100_20163515.jpg
























c0248100_2017029.jpg
























c0248100_2017255.jpg
























c0248100_2017491.jpg
























c0248100_20181065.jpg
























c0248100_20183477.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-05-12 20:19 | タスマニア 動物 | Comments(0)

Bear-Nosed Wonbat














タスマニアの限られた場所で見られる野生のウォンバット。草食の有袋類動物で前歯2本が生え続ける。コアラの近種なので顔が似ているが生態は全然違い、陸上に住んでいる。コアラの食べるユーカリがほとんど栄養が無いので動きがとろいのに比べ、陸上のウォンバットは地面の草を食べているせいかいざとなったらこんな体形でも動きは速い。






c0248100_20331758.jpg
























c0248100_20334271.jpg
























c0248100_20335917.jpg
























c0248100_20341643.jpg
























c0248100_20343661.jpg
























c0248100_2035941.jpg
























c0248100_2035417.jpg
























c0248100_20355942.jpg
























c0248100_20365088.jpg
























c0248100_20362092.jpg
























c0248100_20371576.jpg
























c0248100_20373686.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-05-03 20:44 | タスマニア 動物 | Comments(0)

Eastern Spinebill















Eastern Spinebillはタスマニアを含めオーストラリアの南東部に住むミツスイ。花の蜜を吸い取るために適したクチバシを持ってホバリングしながら蜜を求めて飛び回る。13センチ程と小さくてジッとしておらず、素早い動きのため写真に撮るのがとても難しい。








c0248100_21221151.jpg
























c0248100_21224560.jpg
























c0248100_21231672.jpg
























c0248100_21234116.jpg
























c0248100_21241869.jpg
























c0248100_21243912.jpg
























c0248100_2125278.jpg
























c0248100_2125454.jpg
























c0248100_21261268.jpg
























c0248100_2126402.jpg
























c0248100_2127614.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-05-01 21:35 | タスマニア 動物 | Comments(0)

Australian Fur Seal
















群れを作って生活するAustralian Fur Sealはタスマニアを含めオーストラリアの南部に生息するアザラシ。

魚を探して約150メートルも潜ることができるそう。雄は2メートルほどまで成長し、体重は約360キロほど。首が太くいかつい肩が特徴。

僕は以前スノーケル中に水中で出くわしたことがあった。水中ではメガネ越しに1.5倍程大きく見えるせいもあって、予期せぬ目撃に肝が縮んだtことがあった。目と目が合って数秒、向こうも怖かったのか、恐ろしい速さで逃げていった。陸上であんなにのんびりしているアザラシも水中ではかなり機敏だった。




c0248100_2035044.jpg
























c0248100_20352310.jpg
























c0248100_20354297.jpg
























c0248100_2036114.jpg
























c0248100_203618100.jpg
























c0248100_20363554.jpg
























c0248100_20365660.jpg
























c0248100_2037192.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-04-26 20:38 | タスマニア 動物 | Comments(2)

牧場主のいない丘




















c0248100_20443173.jpg
























c0248100_20483471.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-04-18 20:51 | タスマニア 動物 | Comments(0)

微妙なコンビ




















c0248100_20284953.jpg
























c0248100_202979.jpg
























c0248100_2029261.jpg
























c0248100_2029393.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-03-24 20:30 | タスマニア 動物 | Comments(1)

野鳥の楽園タスマニア 2






















c0248100_2285646.jpg
























c0248100_22819.jpg
























c0248100_2283428.jpg
























c0248100_2291821.jpg
























c0248100_2293638.jpg
























c0248100_2210125.jpg
























c0248100_22111491.jpg
























c0248100_22113219.jpg
























c0248100_22115243.jpg
























c0248100_2212748.jpg
























c0248100_22123144.jpg























c0248100_22124769.jpg


























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-03-18 22:14 | タスマニア 動物 | Comments(0)

野鳥の楽園タスマニア 1



















c0248100_18553522.jpg
























c0248100_18555670.jpg
























c0248100_18562114.jpg
























c0248100_18565198.jpg
























c0248100_195353.jpg
























c0248100_1984492.jpg
























c0248100_199520.jpg
























c0248100_1992992.jpg
























c0248100_19104513.jpg
























c0248100_19112445.jpg
























c0248100_1911574.jpg
























c0248100_1913171.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-03-17 19:16 | タスマニア 動物 | Comments(0)

フェアリーペンギン












オーストラリアに唯一生息するペンギン、フェアリーペンギン。別名ブルーペンギン、リトルペンギンとも呼ばれる世界で一番小さいペンギンだ。タスマニアのみならず、オーストラリア本土の南部や、ニュージーランドにも生息している。

日の出前より漁に出て、約18キロ程離れた大陸棚の漁場まで毎日エサを取りに行っている。
陸地に営巣するが、体長が30センチ程度と小さいため犬などの外来生物などに狙われやすい。本土ではキツネが大きな被害を与える動物として駆除対象になっている。一日中海でエサを摂ってから日暮れとともに疲れて巣に戻ってくる際は、少しでも外敵に襲われる危険を避けようと集団で並んで巣に戻ってくる習性がある。

基本的には暗い上、フラッシュがペンギンの目に害があるとされているので、写真に収めることのできないが、今回は日本のテレビクルーの撮影のコーディネートとして、許可された場所で目に被害の無いとされるライトが利用された。でも仕事中なので僕は大した写真が撮れず、、、。







c0248100_2083210.jpg
























c0248100_2085284.jpg
























c0248100_209751.jpg
























c0248100_2092374.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-03-15 20:21 | タスマニア 動物 | Comments(1)

ワライカワセミ















ワライカワセミ。僕が好きな鳥の一つだ。こちらではクカバラという名前で呼ばれる大型のカワセミ。名前はカワセミだが、生態はヤマセミ。森の中に住んでいる。カワセミは水中にダイブするが、このワライカワセミも地面にダイブする。一見、自殺でもするんじゃないかというくらい、ボトッ!と落ちるように見えるが、器用にエサのトカゲなどを捕まえる。タスマニアの固有種ではなく、オーストラリア本土から持ち込まれたそうだ。名前の通り笑い声のような鳴き声をする。コーカカカカカとウマく鳴き声をマネできれば鳴き返してくれることもあり、しばらく会話ができることもあった。

何度も写真に収めようと試してきたが、結構シャイな鳥のため野生種に近づくことは容易ではなかったが、何とか納得いく写真が撮れた。








c0248100_19453748.jpg
























c0248100_1945598.jpg
























c0248100_19463961.jpg
























c0248100_19472852.jpg
























c0248100_194727.jpg
























c0248100_19474766.jpg
























c0248100_19481160.jpg





















この日、山の中にある森の家で地面の掘削作業をしていたところ、唐突にワライカワセミが近づいてきた。人に近づくのは珍しい。急いで部屋に戻ってカメラを準備したところ、まだ同じ木に留まっていた。どうやら僕が掘り起こした土の中にいるミミズがお目当てのようだった。

c0248100_19524077.jpg
























c0248100_19525673.jpg
























c0248100_19531562.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-03-13 19:55 | タスマニア 動物 | Comments(0)