Nowhere To Hide

カテゴリ:ミャンマー仏塔復興プロジェクト( 45 )

仏塔復興プロジェクト 45 ろうそく祭り













ミャンマーの農村地帯でのODAプロジェクトが終わってスタッフ全員が撤収した後に、再びここに戻ってきた理由のもう一つは、復興した仏塔完成後の満月の日に合わせて、村人総出でのろうそくを灯す儀式が催されるためだ。ダディンジュと呼ばれる、雨期明けの満月を祝う儀式としてミャンマーでは国中各所で行われている。

村長によると、毎年この仏塔で行われるという。ミャンマーを離れてもできる限り参加したい。

約1年半前にミャンマーに赴任した当初、ある村でろうそく祭りの儀式に出くわし、文化色を色濃く残しているこの儀式に感動したが、まさか僕自身がこのろうそく祭りの舞台を提供することになるとは予想していなかった。







c0248100_1423441.jpg
























c0248100_14242134.jpg
























c0248100_14245689.jpg
























c0248100_1425112.jpg
























c0248100_14253383.jpg
























c0248100_14262484.jpg




















村人たちはまず、村の中心に位置する小学校に集まり、各々持参したろうそくに火を灯す。残念ながら風が強く、何度も灯し直したりしているうちに、行列が行進し始めた。仏塔までは約1キロ程度。薄曇りの満月の中、街頭の明かりが全くない暗い村道を、皆当たり前のように無言でゆっくり歩き続ける。



c0248100_14265515.jpg
























c0248100_1427947.jpg
























c0248100_1427275.jpg
























c0248100_1428395.jpg
























c0248100_14283025.jpg
























c0248100_14285494.jpg
























c0248100_14291473.jpg
























c0248100_14293245.jpg
























c0248100_14313243.jpg
























c0248100_14315223.jpg
























c0248100_14321466.jpg
























c0248100_14323384.jpg
























c0248100_14325480.jpg
























c0248100_14331567.jpg
























c0248100_14334010.jpg
























c0248100_14343534.jpg
























c0248100_14345388.jpg
























c0248100_1435123.jpg
























c0248100_14353934.jpg
























c0248100_1436652.jpg
























c0248100_14362943.jpg
























c0248100_14365392.jpg
























c0248100_14371324.jpg
























c0248100_14373221.jpg
























c0248100_14375537.jpg
























c0248100_14381918.jpg
























c0248100_14384216.jpg
























c0248100_1439529.jpg
























c0248100_14392533.jpg
























c0248100_14394613.jpg


一連の儀式の後、村人はそそくさと各々の家へ帰っていく。が、一部のおっさん共の宴は続く。酔った勢いで踊りはしゃぐ。敬虔なミャンマーの仏教寺院での振る舞いとしてはかなりなバチ当たりだが、彼らは僕が飲むことも知っている。月明かりだけの下、地元の蒸留酒のある輪の中に参加して夜は更けた。





















写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2015-07-28 14:54 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(0)

仏塔復興プロジェクト 44 竣工祭 後篇














早まって祝儀を配り終えても、まだ冠の据え付けは終わっていない。村人たちもわきまえていて、列を作り冠を運び始めた。ゴンドラは頂点部分に運ばれるためのもののため、残り4か所の冠は村人のバケツリレーにより運ばれることになった。





c0248100_15137.jpg
























c0248100_15472.jpg
























c0248100_161141.jpg
























c0248100_164790.jpg
























c0248100_171793.jpg
























c0248100_175754.jpg
























c0248100_182232.jpg
























c0248100_192155.jpg


すべての冠が据え付け終わると、全員に用意された食事を済ませて村人達は波が引くように帰って行く。

まったく言葉ができない、わからないのはもどかしいが、村側は食事の準備、夜の踊りまで準備していてくれた。僕は全くノータッチ。夜の催しがあるのをこの日に知らされた次第だ。




















c0248100_1125587.jpg
























c0248100_1132614.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-11-11 01:15 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(0)

仏塔復興プロジェクト 43 竣工祭 前篇













仏塔が完成して2週間後の日曜日、村側が待ちに待った竣工祭が開かれた。事前に村側との話し合いにより結局は僕の都合で日程が設定されたにも関わらず、村に住んで農業に従事している村人にとっては曜日などはほとんど関係がないようだ。あくまでも太陰暦の縁起に基づいて不吉ではなければ問題なかった。

仏塔の竣工祭ということは、ミャンマーではティーと呼ばれる冠を仏塔頂点に据え付けることを意味する。日本の棟上げ式をもっと盛大にしたようなお祭りだ。この仏塔が終わりに近づいてくるに従い、僕はたくさんの村人に祭はいつやるの?と聞かれてきた。村人達は相当に期待してくれている豪華な儀式のようだ。

村側は祭の準備もろもろは全て村側でやってくれた。また、据え付ける冠の費用も、ODA工事の下請け会社の社長さんの大きな協力を得て祭にこぎつけてくれた。もう僕が準備することと言ったら何もない。村が完全に責任を持って管理してくれている。



c0248100_075689.jpg


祭のために再度組まれた竹足場。そこから何やらワイヤーが伸びている。





















c0248100_081511.jpg


そのワイヤーを辿って根元まで来ると、ゴンドラのような台が取り付けられている。何と、これに冠を載せて頂点まで運ぶそうだ。よくやってくれた。村の代表者達がみんなに盛大に祝ってもらおうと準備してくれたモノだ。





















c0248100_084645.jpg


しばらくすると村人達が集まり出した。





















c0248100_0475663.jpg
























c0248100_0485253.jpg
























c0248100_0492362.jpg
























c0248100_0531264.jpg


祭には何と19人もの坊さん達が集まってくれた。仏教のお祭りでは集まってお経を読み上げ、その内村人も復唱し、大きな渦となって行く。すでにこの儀式の前にも、仏塔内でもお経の読み上げを済ませている。この後、僕も施主として儀式に参加するので写真が中々撮れない。ありがたい儀式に集中しようと思いつつも、写真を撮りたくてソワソワしていたかもしれない。

お坊さん達の前に置かれているのが仏塔の頂点に据えられる冠。最頂点の大型の仏塔用の他、小型の四隅に据えられてる冠が準備されている。

この儀式のために村側は僕に感謝状を準備してくれていた。儀式の一環として受け渡してくれる。

















c0248100_19681.jpg
























c0248100_195528.jpg


冠がゴンドラまで運ばれる。すぐに僕が冠を持って先頭を歩くよう、誘導してくれた。正装してきて良かった。まず仏塔の周りを静かに時計周りに3周する。通り過ぎる際、村人達はしきりに手を合わせている。本当に穏やかで敬謙深い人達だ。

後から聞いたが、この両脇からかざされている白い傘は、ミャンマー人が一生に一度はさされたいと思うほどとてもありがたいものとされているそう。何万人に一人程度しかこれをさしてもらえるチャンスはないんだよ、と教えてもらった。何も知らない僕は平然と先頭を歩く。

輪廻転生の観念が存在する仏教では、現世で徳を積むことで来世の幸福を願う考えがある。調べたところ、仏塔を建てることは一番の徳を積む方法の一つだったらしい。僕は単に、日本軍が壊した穴埋めをするために建てようとしたに過ぎなかったが、結果としてとても大きな徳を積むことになったらしい。













c0248100_1194939.jpg


冠を持った列を作って歩いて行くと、群がっている人達が道を譲り、前に道が広がって行く。

冠がゴンドラまで到着した。



















c0248100_1264364.jpg


ゴンドラを引っ張りあげる役目の学生達が列を作っている。






















c0248100_1283645.jpg


一つづつ、丁寧にゴンドラで運ばれていく。





















c0248100_1292411.jpg


僕もすかさず仏塔登頂に向かった。普段慣れないロンジーとシャツの正装なので登りづらいことこの上ない。





















c0248100_1325231.jpg
























c0248100_1333052.jpg
























c0248100_1341972.jpg
























c0248100_135995.jpg


お坊さんの指示の元、分解されて運び上がられた冠が、丁寧に仏塔頂点に組み立てられていく。






















c0248100_1372487.jpg


まだ最頂点の仏塔だけにしか冠が据えられていないのに、早まって祝儀を配り始める。もう待てなかったらしい。村人も歓喜の声を挙げてもう半狂乱状態だ。こうなるともう後には引けない。仕方ないので僕も全周歩き回って祝儀を配る。



















c0248100_1415894.jpg


下請け会社の社長が用意してくれた祝儀は日本円で約100円、500円、1000円程度のお金が山ほどある。鷲掴みにして放り投げる。この近辺の村での1日の肉体労働の最低賃金が約300円強と考えると歓喜するのも無理は無い。

先ほどの穏やかさはどこに、、、?





















c0248100_1445662.jpg
























c0248100_1401529.jpg




つづく


























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-10-31 01:52 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(2)

仏塔復興プロジェクト 42 完成 
















c0248100_13582471.jpg


仏像制作の最終段階。表面の塗装作業。下塗りは水で薄めた石灰を数層塗り重ねる。






















c0248100_141445.jpg


光背の上部にあるデザインは、太陽や光のデザインとしてミャンマー各所で使われている。しかし僕にとっては日本の象徴的なデザインである菊の御紋。




















c0248100_1453950.jpg


最終確認を兼ねて村の住職達が訪れてくれた。出来栄えはとても満足だそう。結局はすべて僕がやりたいようにやらせてくれた。

実は村側からは仏塔の表面のモルタル加工や仏像の色などの指示があった。仏像は袈裟や皮膚の色を塗って、眼球やまつ毛、唇等も色付けしてほしいとの希望だった。僕はこの意見に真っ向から反対した。村対僕一人の構図になってしまった。

僕の観念からしたら、そのような色付けは神聖さが失われ、安っぽくなってしまう。何とかつたないミャンマー語を理解してくれたが、出来上がるまで納得していなかったに違いない。

最終的には代表者である住職がやりたいようにやって良し、との通達があったのでできた。僕はとても満足いく出来に仕上がったと思っている。













c0248100_14142432.jpg

























c0248100_1415925.jpg


さて、これからは外装裏の壁に寄付金者の名前書き込み作業。

中国から見ず知らずの男に寄付してくれたS氏や、その友人のS氏、彼らにこのプロジェクトを紹介してくれたT氏の他、ここミャンマーのODA業務の雇用先の所長が、日本の本社に話を通してくれたお陰で、総勢100名強の方々にご協力頂いた。

書き込みは鉛筆で下書きの上、黒塗料で清書。問題は僕が左利きだということ。下書きはいつも通り左で書くが、筆を使う際はは左手では書くことができない。ハネやハライなど左手ではどうしても無理なのだ。小学生の頃右手で習っていた習字をする羽目になった。
















c0248100_1431683.jpg


陽の陰る午後を狙っての作業。ここまでで2日を費やした。一字一句、大事に丁寧に書きこんだつもりだ。その内、のめり込んで暗くなるまで書き込み作業をしていた。





















c0248100_14333374.jpg


これで一連の作業はすべて終了した、、、、、、、、、、、、


ご協力してくださった皆さん、本当にありがとうございました。何とか完成することができたのは、精神面、肉体面、金銭面において皆さんの助けがあったからであったことは間違いありません。























c0248100_14342426.jpg
























c0248100_14345226.jpg




残すは仏塔頂点に冠を据え付ける仏塔完成のお祭りのみ。次回はそのお祭りをお伝えします、と言いたいところだが、ミャンマーでのODA業務も終了したので本日より僕は少し寺に籠ります。あしからず。























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-10-17 15:00 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(13)

仏塔復興プロジェクト 41 終わり間近













仏像のあらかたの形が出来上がってきた。毎週日曜日に仕事をしてきたが、毎日作業すれば相当な速さでできてしまうことになる。おおよそ3日半というところだろうか。また僕が足を引っ張ってきたことも考慮すると3日程度だろう。





c0248100_17251480.jpg
























c0248100_17305026.jpg
























c0248100_17315728.jpg


ウィンゾーが担当していた袈裟も仕上がった。





















c0248100_17331096.jpg


背面の光背と呼ばれる部分にモルタルを塗っていく作業。今まで手伝ってくれた若い職人が担当する。単純に直線を出すことが難しい作業。




















c0248100_17355683.jpg


ここに来て僕だけ別作業に入る。4面ある装飾部には3面の入口があるが、残り1面はこのように塞がれている。ここにモルタルで表面を滑らかにした上、寄付や援助をしてくれた方々の名前を描き込む予定。




















c0248100_17413948.jpg
























c0248100_17422277.jpg


僕が一人で施工する予定だったが、何だかんだと皆手伝いにきてくれる。結局最後は若い職人が仕上げてくれた。個人的には自信を持ってやっているが、彼らから見たら何やら危なっかしい面があるのかもしれない。今までも色々な作業を手伝ってきたが、彼らはいつも丁寧に教えてくれた。



















c0248100_17451794.jpg
























c0248100_17515427.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-10-14 17:53 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(2)

仏塔復興プロジェクト 40 職人の経験















仏像本体の骨格、肉付けは大方出来上がってきたので、少しづつ細かい修正を行いつつ細工を施す作業に移行してきた。


こういった手先の器用さを要する作業は純粋に面白い。もちろん骨格を形成する作業も面白かったが、細工の作業はもっと一か所に集中して作業することができる。

しかしこの作業に入ってからは僕は全然知らない事ばかり。職人のU Win Zaw Htay(通称ウィンゾー)の知識に頼りつつ作業を進める。

当初は一人でやろうと計画したが、工程を踏んでいくに従ってやはりプロの経験が絶対に必要だったんだと自覚する。折角立派な仏塔ができても、仏像がとんでもなくバランスが悪くなっていたら悔やみきれなかっただろう。骨格、姿勢、肉厚、どれを取ってもそうだ。僕の細かかったり大雑把だったりする意見を上手に取り入れつつ、また彼も経験したことのないやり方もじっくり話し合いつつ協力してくれている。







c0248100_1423212.jpg


耳の造形作業に入る。既存の古い仏頭とはスタイル、位置が全く違う為、一からの造形になった。まず耳となる部分にコンクリート釘を打ち込んだ上、番線で大まかな形を作り、モルタルで表面を覆っていく。




















c0248100_14261983.jpg


手伝いに来てくれた村人のチームは螺髪(らほつ)と呼ばれる仏様の髪の毛の造形をしてくれている。セメントを水だけで混ぜて練ってこねる作業。




















c0248100_14291315.jpg
























c0248100_14305025.jpg


耳の形が大方出来上がった状況。耳が付いたことでまた表情が豊かになってきた。





















c0248100_14321099.jpg


仏塔周辺掘削整理中に見つかった、戦時中の弾丸。未使用。





















c0248100_14353220.jpg


職人のウィンゾーが耳の細工に入っている間、僕は手の細工を担当する。ウィンゾーもこの禅定印という形を作ったことがないとの事。近代に作られたミャンマーの仏像には、あまりこの印は目にしない。




















c0248100_1441522.jpg


同時にウィンゾーは袈裟のデザインの加工に入る。





















c0248100_14442454.jpg


いつもフラッと遊びに来るおっさん。今日はまだ酔っぱらってないようだった。





















c0248100_14444781.jpg


ウィンゾーがちょっとした裏技を教えてくれる。細かい作業を要する手に石灰を豪快にまぶす。そしてすぐにその石灰を取り除く。それによって表面の水分を急速に吸い取ってセメントが強固になり、作業効率を上げる。




















c0248100_14514498.jpg
























c0248100_14522764.jpg
























c0248100_14533776.jpg


出来上がってきた印相。





















c0248100_14554495.jpg
























c0248100_14575089.jpg
























c0248100_14584712.jpg


螺髪の作業にも入った。何もしらないけどやりたがる僕はウィンゾーの手ほどきを受ける。まず1列目は彼が見本を示す。




















c0248100_1513384.jpg
























c0248100_1521528.jpg


セメントで接着した螺髪の隙間に液状のセメントを塗り込んで、接着を更に強固にする。

僕と彼、もう一人の職人は、言葉では十分通じ合えないにも関わらず、ジェスチャーや紙に書いての説明で色んなことを理解する。もう丸っきり友達同士の遊びとして進んでいる。

彼はバガンからこの作業のためこの村に出てきているが、仏塔の作業期間中に2人目の娘が生まれた。この作業のお陰でバガンに戻れなかったそうだ。












c0248100_1554932.jpg


地味な作業だが、この作業は背の高い僕が有利。





















c0248100_1561760.jpg


耳の細工もこのように仕上がった。





















c0248100_1571566.jpg


何度か親指が剥離しながらも、中々納得のいく印相に仕上がってきた。





















c0248100_157414.jpg
























c0248100_1595072.jpg
























c0248100_1510488.jpg


献花を取り換えにきてくれたお姉さん。その他にも水を汲んできたり整理整頓を無言でしにきてくれる村人が後を絶えない。




















c0248100_15125972.jpg


仏像前にも花を添え、ろうそくに火を灯す。まだ完成ではないが、もうお祈りの対象として扱ってくれる。作業中にも村人達は頻繁に訪れお祈りしていく。彼らにとっては今か今かと待ってくれているに違いない。




















c0248100_15133868.jpg
























c0248100_15142115.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-10-12 15:18 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(4)

仏塔復興プロジェクト 39 メイクアップ
















c0248100_2022328.jpg
























c0248100_20201318.jpg


顔の造形に入る。表面にモルタルを塗りたくる前に、飛び出している眉や鼻部分をそぎ落とす。

顔の造形はモルタルを塗り重ねていくのではなく、一度大目に塗って半分ほど乾かした上、削り取っていく作業だ。



















c0248100_20203659.jpg


顔の彫刻作業には、スプーンを改造したような小さな道具を使い、失敗してもすぐにモルタルを重ねて作業を続けることができる。顔の左半分は職人が担当し、それを見本にして右側は僕が担当する。

腕の形、袈裟の形、耳の大きさ、目、口等、お互いが用意したサンプル写真などと見比べ、何度も遠目から見返す作業が続く。お参りに来た人から見る目線でどう見えるかを確認するためだ。

















c0248100_20205766.jpg
























c0248100_20212465.jpg
























c0248100_20214575.jpg
























c0248100_2022262.jpg


まだ途中過程だが、中々満足いく顔に仕上がったと思う。一日でかなり作業が進んだこの日、暗い中職人はバイクでバガンへ、僕は近くの町へ帰って行った。

と思ったら先に帰ったはずの職人さんのバイクがパンクして立ち往生。僕のバイクで3人乗りでバイク屋へ向かい寝静まったバイク屋を叩き起こした。























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-10-09 20:44 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(4)

仏頭復興プロジェクト 38 仏頭設置















c0248100_2155122.jpg
























c0248100_21552253.jpg


一度頭と仮置きしてから首の位置関係を把握した上、頭を外し、首の造形に入る。





















c0248100_21553959.jpg


仏頭はとても重い。重量の重さの他に神聖な重みを感じる。何とか一人で持ち上げてから下で鉄筋を管に導いてくれ、ゆっくり首の上に据える。今までこれを据えるためにプロジェクトを進めてきたような感じだったが、あっけなくあるべき場所に収まった。

思ったよりきれいに据え付けられたが、頭がやや大きすぎるようだ。頭は更にモルタルを塗られて大きくなるので、体も同様にバランスよく大きくする必要がある。























c0248100_21555898.jpg


即座に顎の造形に入ったが、僕の造形はやや大きすぎるようだ。職人とあーだこーだ話し合ったりジェスチャーしたり、楽しい工作の時間だが手戻りも多い。





















c0248100_21562614.jpg


首回りのセメントが固まるのを待つ間、腕の施工に入る。まずレンガを大まかにコテで切り割って形づくる。サンドイッチ状に鉄筋を挟み込んで、具にモルタルを詰めた上、細いワイヤーで固定してく。





















c0248100_21564385.jpg
























c0248100_2157039.jpg
























c0248100_21571963.jpg
























c0248100_21573981.jpg
























c0248100_21575741.jpg
























c0248100_21581665.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-10-07 22:12 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(4)

仏塔復興プロジェクト 37 仏像胴体制作
















古い仏像の頭の加工がひと段落したので、早速胴体部分の施工に入る。まずは壁にチョークで仏像の大まかな画を描く。それを元にレンガで組んでいる足を制作する。モルタルで雑に大きさを合わせていく。3人でやっていると非常に仕事が早い。




c0248100_22323243.jpg


仏像の大きさからも、そんなに大人数で作業する必要はない。僕と職人のU Win Zaw Hteyとはいつもいい場所を取り合いながら仕事は進んでいく。

足の形、組み方などある程度形出来上がってから、逐一僕がちょっとした違いを指摘する。ミャンマーの基本的な仏像とはちょっと違うらしく、彼も彼の意見があるが、何とか僕がやりたいようにやらせてくれる。



















c0248100_22324835.jpg
























c0248100_2233210.jpg


その日のうちに胴体部分の制作に入った。今回は古い仏頭を使うので、胴体内部に頭を支える鉄筋を入れ込む管を設置する。

この時点で仏頭の首の角度、頭の前後位置が決まってしまうので、慎重に話し合い、管を据えた。



















c0248100_22331327.jpg
























c0248100_22332673.jpg


結局この日は腕以外、大方の胴体部分を制作することができた。






















c0248100_22333789.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-10-05 22:48 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(2)

仏塔復興プロジェクト 36 仏像建造
















ようやく念願の仏像の建造に入った。

メンバーは僕と以前からいる職人U Win Zaw Htey、それと手元の職人一人の計3人。当初は自分一人で何とかできるだろうと予想していたが、彼と話し合う内、詳細な決まり事に則した上、仏像ができていることを認識した。そりゃあそうだ。そんな簡単に出来るはずがない。実際ミャンマーにはプロによる援助を受けなかった、恐ろしくバランスの悪い仏像達が多く存在しているのを目撃している。しかし、この作業はどうしても僕が細かい希望を伝えつつ手を加えて行きたいので、僕の休みが取れる毎日曜日にバガンから来てもらうことになった。その分の交通費はしっかり払うからということで。

仏像建造と言うよりも、始めは破壊の方が近い感じがする。というのも、以前の仏塔から残存している仏像頭部は、セメントを使わず石灰で表面を固めたのみのため、非常にもろい。もろい部分は始めから壊しておく必要があった。また13世紀のスタイルより以前のスタイルとして作り直すため、頭や顔の形を大幅に変更せざるを得ない。既存の仏頭をそのまま据えても、僕が思っているような仏像にはならないことを知った。

それでも仏像内部に以前の仏頭が納まっていることに意義があると思っている。住職達は僕の意向を納得してくれたが、ここは村長が反対しようが僕の意見を押し通す。ここにいないうちにドンドン進めることにする。後で出来上がった仏像を見て納得してもらおう。

仏塔内部はとにかく涼しい。外の気温とは雲泥の差だ。快適に作業を進めることができる。

仏像の形、大きさ、顔の表情、向き等を細かく話し合っていく時点で、以前の仏頭を組み込むことは中々難しいことがわかった。職人もこのような作り方をするのは初めてだそう。頭を据えた後に表面をモルタルで固めていく厚みを考慮しつつ、飛び出している余計な部分をそぎ落としていく。結構雑に。仏像を破壊していくなど恐れ多い行為だが、決定したサイズに合わせて着々と削り取っていく作業から開始した。







c0248100_254297.jpg
























c0248100_2545594.jpg
























c0248100_2553596.jpg
























c0248100_2584390.jpg
























c0248100_2591823.jpg


内部はこのように空洞になっている。ここに鉄筋を差し込んでモルタルで固め、胴体部分と接合する計画。






















c0248100_259495.jpg


鉄筋を埋め込んで、大まかな顎を形成した後、逆さで一日乾燥させてからしばらく塔内で保管となった。

























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-09-30 03:11 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(2)