Nowhere To Hide

カテゴリ:パプアニューギニア( 76 )

パプアな人たち















c0248100_824666.jpg






















c0248100_832671.jpg






















c0248100_833533.jpg






















c0248100_843399.jpg






















c0248100_845069.jpg






















c0248100_851939.jpg






















c0248100_854660.jpg






















c0248100_86231.jpg

























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-15 08:07 | パプアニューギニア | Comments(0)

ストレート













久々に帰ったパプアの現場は、想像以上に工事が進んでいた。どれだけ工程が大変だったかわかるだけに、よくぞこれほど進捗させてくれたという思いが大きい。

前触れも無く訪れた我々を作業員達は、作業の手を休めてあいさつにきてくれた。みんな遠くからでも大声で名前を呼んで手を振る者、近づいてきて抱擁を交わす者、現場を案内して自慢する者、持っている道具を放り投げて歓喜してくる者、昔話に夢中で全然仕事に戻らない者、タバコをねだる者、何かお土産を期待する者、いつも通り無愛想な者、問題のある作業員も今ではかわいい。中には良く働く作業員にも関わらず、土曜日はどうしても教会にお祈りにいかなければならず、そのせいでクビになる寸前のところを救い出した者、帰国直前にいらなくなった作業着あげて、今でも大事に着てくれている者、昼休み時間が過ぎているにも関わらずリスク承知で救ってくれたお礼を言いに来る者など様々だった。パプアの人達は愛情表現がとてもストレートだ。何よりもその明るさと親しみがとても嬉しかった。












c0248100_0385227.jpg





















c0248100_0383167.jpg





















c0248100_0393886.jpg





















c0248100_0395697.jpg





















c0248100_0401728.jpg





















c0248100_0404494.jpg





















c0248100_0405478.jpg





















c0248100_0445151.jpg





















c0248100_045411.jpg





















c0248100_0453959.jpg





















c0248100_0454754.jpg





















c0248100_0463961.jpg





















c0248100_047155.jpg





















c0248100_047275.jpg























c0248100_0481187.jpg





















c0248100_0482452.jpg





















人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-13 00:12 | パプアニューギニア | Comments(0)

野外マーケットの人たち LAE















c0248100_15562862.jpg






















c0248100_15583640.jpg






















c0248100_1603415.jpg






















c0248100_1624010.jpg






















c0248100_1642340.jpg






















c0248100_1655340.jpg






















c0248100_1672052.jpg






















c0248100_16142250.jpg






















c0248100_16174571.jpg






















c0248100_16235254.jpg






















c0248100_1626548.jpg






















c0248100_16273557.jpg






















c0248100_16341732.jpg






















c0248100_1636268.jpg






















c0248100_16381783.jpg






















c0248100_16454630.jpg






















c0248100_16475146.jpg


























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-11 16:50 | パプアニューギニア | Comments(0)

交通ルール













以前と比べると場所によっては多少よくなっている所もあるが、やはり全体的にパプアの道路はヒドイ。4輪駆動車が多いだけあって、やはり需要に見合った道路だ。中には4WDでも厳しいところも多く、実際道路上を流れる濁流に押し流されたり、道路上に無数にある穴ぼこのせいで横転したくるまがあったり、崖から落ちたトレーラーが目に入ることなどがある。パプアではシートベルトや制限速度などの交通ルールを守ることより、自分の命を守るために交通ルールを無視して歩道に乗り上げたり、襲撃団から身を守るために猛スピードで通り抜けたりする必要がある。教習所も無いだけあって、交通ルールもはっきり言って無い。










c0248100_103270.jpg






















c0248100_121562.jpg






















c0248100_135337.jpg






















c0248100_154180.jpg


























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-09 01:13 | パプアニューギニア | Comments(0)

あいさつ












日本では「何だコイツ?」と思われるかもしれないのでしないが、パプアでは知らない人たちへの気軽なアイサツをすることが多い。車に誰が乗っているかわからないスピードでさえ、手を挙げてアイサツする。僕はこの文化が大好きだ。ちょっと軽く手を挙げてアイサツするだけで、敵意が無いことを示し、誰にでも話しかけやすい環境を作ることができる。僕にとっても気軽に写真を撮ることもできる。オーストラリアや他の国でも僻地に行けば行くほど、こういったアイサツをすることは多い。


また、パプアの人たちは驚くほど目がいいんだろう。ガラス越しでの反射して見えずらい車からですら、時には誰が運転しているか瞬時に把握したり、色の白い白人やアジア人を見つけると何か言葉を投げかけたりしている。先日は、以前働いていた作業現場近くのマーケットを通り過ぎる際、知り合いの作業員達がたむろしており、時速約80キロ程で通り過ぎる我々を見つけて興奮していた。















c0248100_22444140.jpg






















c0248100_22461781.jpg






















c0248100_22475410.jpg

























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-07 22:51 | パプアニューギニア | Comments(0)

自然素材











今回滞在したレイという海岸沿いの町では、高地の部族のように竹組みの壁、茅葺の屋根という建物ではなく、レンガでトタン屋根という組み合わせが多い。しかし道路沿いの屋台や郊外のマーケットでは簡易な骨組みの基礎にバナナで編みこんだ仮の屋根が多い。













c0248100_22294630.jpg






















c0248100_22311553.jpg






















c0248100_22323894.jpg

























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-06 23:29 | パプアニューギニア | Comments(0)

実践向き











ブロロとういう金鉱で有名な町の警官。

ブロロは治安が悪く、犯罪者が多いそうだ。やはり金鉱で盛り上がった街だけに、一攫千金を求めて暗躍する犯罪者が一時多く、数多くの犯罪者が捕まった経緯がある町だ。

彼に「そのマシンガンで人を撃ったことあるか?」と聞いたところ、彼はまだ1年目の警官にも関わらず、そのイスラエル製の銃で既に一人銃殺、一人腕負傷、一人足負傷をさせたそうだ。「でもみんな犯罪者だよ。」というフォローを忘れなかった。














c0248100_1231363.jpg






















c0248100_1243316.jpg
























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-05 01:25 | パプアニューギニア | Comments(0)

ボスマン













c0248100_1992617.jpg



パプアの少年たちは、先進国で見られるおもちゃをほとんど持っていないだろう。町中を見ても物資が少なく、親が買ってくれるケースは限りなく少ない。こういう環境では、特に子供たちは、個人で所有するという観念すらあまり見られないような気がする。限られた環境を受け入れ、自分でおもちゃを作ったり、遊び場を見つけたりする。

写真の子供たちは、雨水や下水などが流れ込む側溝で面白い遊びを見つけた。
僕が興味深く近づいて写真を撮り始めると、興奮は頂点に達したように次々に滑り降りてくる。何故か僕を「ボスマン、ボスマン」と呼び、写真を撮ってくれとねだりつづける。ボス・マン・・・・何となくわかるが、英語に近いピジン語には変な言葉が多い。

















c0248100_1914355.jpg






















c0248100_1916758.jpg






















c0248100_19172879.jpg






















c0248100_192018100.jpg






















c0248100_1922118.jpg






















c0248100_19254876.jpg






















c0248100_1927056.jpg






















c0248100_19294078.jpg






















c0248100_1931447.jpg






















c0248100_19324034.jpg






















c0248100_19333710.jpg

























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-03 19:47 | パプアニューギニア | Comments(0)

再び極楽鳥の国へ













まさかこんなに早く戻ってくるとは思ってもいなかったが、約半年ぶりに再びパプアニューギニアを訪れることになった。

タスマニアからパプアへの飛行機代は、日本からの飛行機代より高くつく。僕負担ではないもののオーストラリアの物価は高すぎだ。何度も乗り継ぎ、丸2日かけてパプア第2の都市レイに到着した。

今までいつかは戻ってきたいと思って懐かしがっていたが、パプアに着いた途端、そんな気持ちは吹き飛んで一気にパプアの熱気と雰囲気に飲み込まれた。

驚いたのは、空港を始め、今までどうしようもなかった道路が、所々補修されていること。パプアにしては半年でよくここまでしてくれたと多少感嘆する。何でも今年の始めに就任した総理大臣が、今までの汚職政治家とは違うらしい。また画期的なのが、今年から小学校も義務教育化され、授業料負担を強いられていたせいでほとんど卒業することのなかった、特に高地の子供たちも学校に通うことができるようになったことだろう。これから近い将来、パプアもどんどんかわっていくのかもしれない。僕個人的には変わってほしくないという願望もあるのだが。

今回は短期間、1週間のみの出張だ。以前の水力発電土木工事で僕の雇用主である会社の経理担当の方を補助する役目の業務をすることになった。














c0248100_19502751.jpg






















c0248100_19512829.jpg






















c0248100_19521931.jpg






















c0248100_1953361.jpg






















c0248100_19534127.jpg
























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-05-02 19:56 | パプアニューギニア | Comments(2)

満足を知る人













ようやくパプアニューギニアを離れることになった。
嬉しいは嬉しいが、もっと探検したかったという物足りなさもある。

まだまだ国全体が統一するには時間がかかる(もしかしたら統一しないかも知れない)発展の途上にあるこの国の人達に接することができたのが、大きな収穫だった。

高地や海岸沿いの違いも含め、約800の部族があり、言語や文化の違う部族が住むパプアニューギニアで、彼らの性格を一言で表すのは無理だ。統括的な指標がどこにもない。

国全体で言えることは、教育がまだまだ進んでいないせいで、環境や社会をに悪影響を与えていることも多く、マナーやモラルの低い人たちがいるのも事実だ。大人が堂々とペットボトルを道端に捨てたり、昼間から飲んだくれていれば、その次の世代の人達も当たり前だと思うだろう。特に自給自足の生活が基本で、仕事をしなくても生活に困らない、自然と直に接するスタイルでは無理もないかもしれない。

仕事中、人の目を盗んでサボったり、この国では手に入れることができない工具や材料を盗んだりすることがあったが、資本主義の社会のルールをいきなり適応させようと、仕事を強要するのには無理があるのかもしれない。彼らには結局、仕事に対する情熱や責任感、リーダーシップ等を見出すことはほとんどできなかったが、今まで何百年も続いてきた、自然を利用する平等な生活が当たり前だとする考えからすれば、金持ちから搾取するという考えもまた自然な人間の本能だろうか。

しかし、村で生活している大部分の人たちは、一日中何もしなくとも、明るく楽しく生きることをモットーとし、物欲にとらわれない気さくな人達だった。彼らには仕事をしなければいけない、とか学習しなければいけない、という社会からの抑圧が一切無く、その分向上心に欠けているところがあるが、何よりも楽に生きることはいいことだ、という観念があり、最低限のモノだけで生活することに、何の不具合も感じない、満足することを知る人達だ。

そして、別れ際には大声で涙を流して泣いてくれる、愛情溢れる人達だった。


先進国に援助されてモノが入ってきて、金銭的に豊かになることが、この国にとっていいことであるかどうかはわからないが、いつかここに帰ってくることがあっても、この各村の部族、家族単位というコミュニティーの絆やストレートな愛情は残っていて欲しいもんだ。














c0248100_22421792.jpg





















c0248100_2253985.jpg





















c0248100_22562711.jpg





















c0248100_230325.jpg





















c0248100_2312071.jpg





















c0248100_2322930.jpg





















c0248100_2325283.jpg





















c0248100_234187.jpg





















c0248100_2371311.jpg





















c0248100_23121511.jpg





















c0248100_23135593.jpg





















c0248100_23155744.jpg





















c0248100_23232571.jpg





















c0248100_23235472.jpg





















c0248100_23245619.jpg





















c0248100_2326016.jpg





















c0248100_23264385.jpg





















c0248100_23272451.jpg





















c0248100_23283461.jpg





















c0248100_23283852.jpg





















c0248100_23293434.jpg





















c0248100_23303888.jpg





















c0248100_23313555.jpg





















c0248100_23321612.jpg




























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2012-10-19 23:43 | パプアニューギニア | Comments(2)