Nowhere To Hide

<   2013年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

物欲









海岸近くに都市や町のあるオーストラリアでは、ヨットやボードが盛んだ。子供の頃から教育目的も兼ねて、少年たちに海に出る機会を与える家族も少なくない。僕が見た限り、男の子にはラグビー、オーストラリアフットボール、クリケットと共にヨットを教え、女の子には、乗馬やネットボールと呼ばれるバスケットボールに似たスポーツ等に人気があるように見える。

これだけボート、ヨットが身近にあると、僕もたまに知り合いの船に乗る機会がある。そうこうしているうちに僕も欲しくなる。純粋に海に出て楽しむというよりは、何とか船に住めないだろうかと考える。停泊代もそんなに高くないみたいだ。賃貸の部屋を支払い続けて、自分の手元に何も残らないのであれば、船に住むのも、ある程度快適であればありだと思う。以前ワンボックスカーに2カ月程住んだときは、はっきり言って限界だったが、船だったらどうだろうか?と本気で考えてしまう。もし知り合いからリーズナブルな値段で勧められたら買ってしまいそうだ。タスマニアでの拠点が町にも近い港に接した船なのも悪くない。












c0248100_21425099.jpg























c0248100_20361257.jpg





















c0248100_20374496.jpg




















c0248100_21564780.jpg





















c0248100_21592484.jpg





















c0248100_2111643.jpg





















c0248100_2125196.jpg





















c0248100_222821.jpg





















人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-31 21:17 | タスマニア | Comments(2)

最果て











タスマニアはオーストラリア本土の南に位置し、これより南には島という島はない。いわゆる最果ての場所に当たる。タスマニアから外に出るにはシドニーかメルボルンを経由して出る以外方法は無い。こういった隔離された土地を敢えて選んで住みついた人の中には、面白い人達が多い。都会での住みづらさに気づき、自分の行き方を見つめる目的で静かな自然の生活を求めてやってきたり、自然の神秘に惹かれて来たり、ヒッピーやジプシー的な生活を求めたりする。

もう8年来の友人であるデイヌは、自然を尊重し、愛している。彼と時間を共に過ごすと色んな事を諭される。キャンプファイヤーが神聖なものであること、自然からもらった栄養のある食べ物を口にすること、太陽や森から感じるエネルギーのこと、大地からのエネルギーを取りこみやすくするために裸足がいいことなど。タスマニアはそういった自然の神秘的なエネルギーを感じやすい場所なのかもしれない。













c0248100_20304928.jpg





















c0248100_2031458.jpg





















c0248100_2033231.jpg





















c0248100_2034414.jpg
































人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-30 20:38 | タスマニア | Comments(2)

森を守る人達









タスマニアでは以前から林業が主要な産業として盛んだ。
成長が早く、手間がそれほどかからないユーカリ林を伐採し、ウッドチップと呼ばれる粉砕状の木片にし、紙の原料であるパルプを日本や中国に輸出している。
環境になるべく負荷をかけずに植林地にユーカリを植林し、適度に伐採して利益を得ることには問題はないが、タスマニア林業公社が行っている伐採、植林地の選定に多くのタスマニア人達が反対し、大きな反対活動に発展することがある。問題は、セイタカユーカリなどの単一種を植林するため、Old Growthと呼ばれる原生林地帯の貴重な森林を伐採してしまうことだ。タスマニア国土の約40%は国立公園などの保護地に指定されているものの、この保護地に隣接したエリアの多くが伐採の危機にさらされている。

タスマニアの原生地域は、オーストラリア中のどこにでも生えるユーカリ林とは違い、雨が多く湿度の多い冷温帯雨林と呼ばれる森林群が存在する。南極ブナや、4種類の杉科の植物に代表される森林地帯は、とても壊れやすく、一度破壊されたら冷温帯雨林が住める環境になるまで最低400年はかかると言われる植生だ。

タスマニアの中西部に位置するUpper Florentineと呼ばれる地域は、世界遺産地域に隣接する貴重な森林群であり、動物にも有効な棲み家を与えている場所だが、現在伐採の危機に直面し、実際に各所で伐採が進んでいる。この場所は反対活動の拠点の一つとして、森林保護活動家が住みついている。地上約20mのユーカリにステージを設け、樹上から伐採を抵抗したり、林業公社が森林を切り崩して作った道上に住みついて通行を封鎖したりしている。タスマニアには多くの森林伐採に反対する人達がいるものの、実際に現場で林業側と対立したりなどの危険にさらされているのは、電気のない生活でも生きていけるヒッピーの集団や若い旅行者などが多い。













c0248100_1355575.jpg





















c0248100_13263581.jpg





















c0248100_13284175.jpg





















c0248100_133052100.jpg





















c0248100_13365687.jpg





















c0248100_13384554.jpg


便所



















c0248100_13403820.jpg





















c0248100_13472950.jpg






























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-26 13:50 | タスマニア | Comments(0)










北アフリカ某国の人質事件、最悪の結末になってしまった。
2008年、僕も同社に雇われてサウジアラビアで同様の業務をしていた一人だ。
石油プラントという国の未来を左右しかねない巨大なプロジェクトだけに、全員が注意喚起して安全に留意し、部外者は勿論、関係者に対しても必要以上に警備が厳重だった。サウジでの業務終了後、この某国での業務のオファーがあったのを覚えている。日本から遠く離れた、日本の当たり前の文化が通用しないムスリム(イスラム教徒)の国。僕の顔見知りの人は含まれていなかったが、亡くなられた方々の無念、計り知れない。遠い国で起こった身近に感じられる事件。同じ業種で働く者として、残念でならない。












c0248100_22522249.jpg





















c0248100_20171096.jpg






















c0248100_23104868.jpg





















c0248100_23133264.jpg





















c0248100_23172993.jpg





















c0248100_23195792.jpg




































人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-24 23:27 | サウジアラビア | Comments(0)

強い精神の持ち主








あまり多くは語らないが、彼はいろんな意味でたくましい人物だ。
ITのプロとして東京、中国、ニューヨークの第一線で活躍してきた彼が、約4年前、突然すべてを捨ててタスマニアに住み着いた。世界遺産地域に隣接するワイルドな地に。自然農法を確立した福岡正信さんの理念を追求するため、今までのキャリアの一切を投げ捨てて、人生を賭けてまさに生きるため生活を選んだ。

彼にとっての理想を手に入れるには、自ら選択して制限、節制のある生活を強いらなければならない。現代社会ではあたりまえである、便利さを追求する生活を切り捨てることは、僕を含めた多くの人にとって並大抵のことではない。







c0248100_20151196.jpg
























c0248100_20142729.jpg






















c0248100_20154534.jpg






















c0248100_20163062.jpg



































人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-21 20:19 | 人物ドキュメント | Comments(2)

はじける二人













航海中のボートのデッキでは、尋常ではない風が吹き抜けていく。一風変わった写真が撮れるかもしれない。モデルが大事だ。















c0248100_2184838.jpg























c0248100_2194024.jpg























c0248100_2113345.jpg























c0248100_2114448.jpg























c0248100_21145615.jpg























c0248100_21155684.jpg























c0248100_21164664.jpg























c0248100_21172874.jpg























c0248100_21181584.jpg


一方、あまりはじけてない二人もいる。
































人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-20 21:23 | タスマニア | Comments(0)

成り行き












タスマニアにいると、海外に住んでいることを感じなくなる。確かに過去8年間、ここを拠点に生活していれば、誰でもそういう感覚になるだろう。思えば成り行きでよくここまで住んでいる。タスマニアはオーストラリアの州の一つだが、都市での生活とは明らかに違う。タスマニアに住みついたことが正しいかどうかはわからないが、シドニーやメルボルンなどの大都市では、また違う馴染み方だったに違いない。

無いモノねだりだが、タスマニアに長く住んでいると、たまには違った刺激が欲しくなる。すなわち都会の喧騒や、混沌。都会に住んでいる人からしたら贅沢かもしれないが、人からの影響は大きいもんだ。











c0248100_22323782.jpg




















c0248100_22342621.jpg




















c0248100_22361236.jpg




















c0248100_2238489.jpg




















c0248100_22395486.jpg




















c0248100_22471474.jpg




















c0248100_22495834.jpg




















c0248100_22565947.jpg




















c0248100_230312.jpg




















c0248100_238620.jpg




















c0248100_2394089.jpg




















c0248100_23143941.jpg



































人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-19 23:22 | オーストラリア本土 | Comments(0)

仕事帰りの自由













夜9時半頃まで明るい夏のタスマニアで、長い仕事が終わって帰る時の自由な解放感は、とても好きだ。












c0248100_2129391.jpg




















c0248100_21302941.jpg




















c0248100_21314796.jpg




















c0248100_21341781.jpg




















c0248100_21355891.jpg




















c0248100_2138261.jpg




















c0248100_21394713.jpg
































人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-18 21:42 | タスマニア | Comments(6)

黒い抜け殻の森














c0248100_2291599.jpg




















c0248100_22115251.jpg




















c0248100_22134366.jpg




















c0248100_22233769.jpg




















c0248100_22321749.jpg




















c0248100_22345250.jpg




















c0248100_22394138.jpg




















c0248100_22424821.jpg




















c0248100_22525077.jpg


































人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-17 22:56 | タスマニア | Comments(3)

リスキー








みなさん、運転中の撮影は危険だから止めましょう。当たり前のことですが。大した写真撮れませんので。僕ももうしません。












c0248100_2144472.jpg




















c0248100_2145713.jpg




















c0248100_2146494.jpg




















c0248100_21471048.jpg




















c0248100_21481330.jpg




















c0248100_21493926.jpg




















c0248100_21505340.jpg




















c0248100_21515291.jpg




















c0248100_21525087.jpg


自転車乗りながら撮影も危険。

















c0248100_2154292.jpg


勿論バイク乗りながらなんてもっと危険。

















c0248100_21544427.jpg


ましてや水上飛行機の離陸時の撮影も危険。(僕は操縦していないからOKですが、ちょっとした波でも揺れてファインダーにしこたま目をブツけるので。)




























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-01-13 22:01 | コンセプチュアル | Comments(2)