Nowhere To Hide

<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

木登り本能











僕は木に登るのが好きだ。いつかはツリーハウスを建てたい。眺めのいい高い場所から見晴らす気分は誰もが好きなのではないだろうか。

木登りはチャレンジ精神が掻き立てられ、いつの間にか下を見ると結構な高さまで登っており、降りるのに難儀することもある。木登りに興奮するのは子供だけではないはずだ。











c0248100_1802210.jpg

























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-24 18:13 | タスマニア | Comments(0)

紅い赤





ある日のフレシネ国立公園。これまでにない劇的な夕陽だった。以前からこのタスマニアの東海岸では奇麗な夕焼けを見てきたが、この日に勝る夕焼けはまだない。

恋人や友人と一緒にいれば特別ないい思い出の日になっただろう。僕は一人だったが、一人でも思いに耽った思い出の日だ。もの思いに耽るのに、部屋の中に閉じこもる必要はない。タスマニアのような人の少ない処では、様々な場所で人に迷惑をかけずに好きなことができる。こういう炎のように燃える夕陽を見ながらもの思いに耽ると、考えも燃えてくる。要するに積極的になってくる。モノ思いに耽る環境は大事だ。

後先考えず引き潮の海の中に三脚を立てて撮ったら、砂は噛むわ、金属は錆びるわ、ほとんど使い物にならなくなった。














c0248100_21542412.jpg






















c0248100_2232976.jpg






















c0248100_22131813.jpg






















c0248100_22155886.jpg






















c0248100_22181545.jpg






















c0248100_22202358.jpg






















c0248100_22213730.jpg






















c0248100_22231010.jpg






















c0248100_22252711.jpg






















c0248100_22263251.jpg

























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-21 22:29 | タスマニア | Comments(0)

ポカリスウェットの広告的なイメージ















c0248100_2285498.jpg






















c0248100_2294667.jpg






















c0248100_2210499.jpg






















c0248100_22115181.jpg



先日母娘でタスマニアを訪れてくれたお客さんの個人ツアーの際に、いい写真だと思い撮影させてもらった。個人のツアーだと時間的な制約がないので、ガイドの僕もツアー中にも関わらず写真を撮りまくった。あまりタスマニアらしい雰囲気の場所ではないが西海岸にあるStrahanのちょっと北にあるHenty Dune。





















人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-19 22:19 | タスマニア | Comments(0)

いきなりですが宣伝です。













先日タスマニアで撮影コーディネートをしたNHKのEテレの番組、サイエンスZEROが今週の日曜日2013年4月21日の夜11時半から30分間放送します。タスマニアの手つかずの海底が地球温暖化によって変わってきている事を証明する内容です。僕は時たま船酔いでつぶれてしまいましたが、撮影クルーは寒い海の中3日間必死に撮影に臨んでいました。僕残念ながらながら見れませんが。











c0248100_23302418.jpg


写真はテキストとは関係ありません。






















人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-18 23:34 | タスマニア | Comments(0)

パディメロン












あまり聞きなれない名前の動物かも知れないが、タスマニアの固有種の有袋類の動物にタスマニアン・パディメロンがいる。カンガルーが進化して色々な種に分化していったのがわかる動物の一種だ。ワラビーと間違われやすいが、ワラビーよりも小型で耳も小さく、顔、体も丸っこい。いわゆるカンガルーの特徴である長い尻尾で体を支えながら歩くという行動はほとんど見られないが、カンガルーの仲間だ。

タスマニアの原生地域や牧草地帯で、一番目にしやすいタスマニアの固有種の動物でもある。僕が連れて回る日本の旅行者は、最初は興奮して写真を撮るが、最後にはほとんど見向きもされなくなる。同じ草食の有袋類でもワラビーやウォンバットの方が人気があるようだ。派手さが無く、数が多いので有難味に欠けるんだろうか。夜行性の有袋動物を探しに、懐中電灯を持って旅行者を連れてガイドしていると、「何だ、パディメロンか」と言われる始末。折角出てきてくれたのに。完全に容姿と珍しさで判断されている。かわいそうに。














c0248100_22474319.jpg






















c0248100_22592611.jpg






















c0248100_2332021.jpg






















c0248100_2344030.jpg






















c0248100_238843.jpg






















c0248100_2394842.jpg






















c0248100_2314451.jpg


























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-16 23:16 | タスマニア 動物 | Comments(2)

撮ってもいい雰囲気











写真を撮りたいけれど、様々な状況で撮りづらいシチュエーションがある。これを克服できたら、テクニックは抜きにして、今までに相当満足のいく写真が撮れているであろうと思う。写真はテクニックも大事だが、まずその場にいること、その場で自然に写真を撮り始められること、被写体に嫌悪感を与えない程度にしつこくないこと、そこの雰囲気を写し出すことがとても難しいことに気づく。これはそれぞれのカメラマンの性格によって撮る写真が変わってくることを認識させられる。

人がカメラを気にしていない自然な表情をカメラに収めるのはとっても難しいことだ。こちらが好きなだけ撮りたいように撮って雰囲気を壊したり、何かを奪ってしまうような感覚を残すのではなく、いい写真を撮りたいから撮っていつつ、相手をいい気分にさせる態度とはどういう態度だろうか。

初対面で良く知らない人達の集まるところ、基本的には写真を撮る場所ではないところでは、その仲間に入ってしまうのが一番いい方法だろうと思う。中々簡単なことではないが、そういう輪の中にいて、そしてカメラを持っていることが大事だろう。

テクニックもカメラの機能も良く知らない、カメラを始めてまだ2年目の2007年に何気なく撮っていた写真だが、今見返すと、雰囲気を壊さないという意味で中々頑張ったなぁと自己満足する。












c0248100_22423150.jpg





















c0248100_2248461.jpg





















c0248100_22461066.jpg





















c0248100_22471416.jpg





















c0248100_22452983.jpg





















c0248100_22493025.jpg
























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-15 22:56 | タスマニア | Comments(0)

男前の基準











以前ある日本のテレビ番組で各国の男前を紹介するというコーナーがあり、タスマニアの男前の写真を送ってほしいというある局からのリクエストがあった。僕の知り合いのツテを使って、オーストラリア人の女の子から紹介された結果、ある人物に突き当たった。早速彼に電話をし、テレビ局の意向を伝えて撮影させてもらったのがこの写真だ。彼は結構意気揚々だった。



しかし、テレビ局にこの写真を送ったところ、もっと若いのがいい、さわやかなのがいい、もっと痩せたのがいいだとか言い、こちらの意向、というかオーストラリア基準の男前2,3人は却下されてしまった。結局選ばれたのが、若くて華奢でキザな男の子だった。始めの男性を紹介してくれた女性群は、あんなヤサオトコのどこがいいの?と不満を口にこぼしていた。わからんでもない。始めの彼のことを知っている彼女達は、内面を通して彼の男らしさを見ていたんだろう。確かに僕の目からも、若い男の子はこちらで言う男前ではなかった。それにしても日本の基準とは大分違うもんだ。カッコいい男と、男らしい男は違うのかも知れない。オッサンのどこが悪い?そんなにオッサンでもないが、彼には期待させといて悪いことしたな。












c0248100_23563881.jpg





















c0248100_23574286.jpg























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-13 00:04 | タスマニア | Comments(5)

タスマニアの男前










先日、タスマニアのショーンコネリーと呼ぶにふさわしい人に会った。

その人物は牧場とワイン畑を経営するカントリーマンだ。物静かで格好良かった。









c0248100_23254277.jpg





















c0248100_23261965.jpg





















c0248100_23494769.jpg





















c0248100_035243.jpg





















c0248100_054617.jpg



味のある脇役のオッサンもスタンバイ。


























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-11 23:31 | タスマニア | Comments(2)

バイキー











オーストラリア各州には、バイキーと呼ばれるバイク乗り集団がいる。暴走族のように大人になったらすんなり卒業するようなヤワな集団ではない。ニュース沙汰の事件をおこしたり、あらゆる悪事に手を出すことで知られている、いわゆるマフィアに近い存在のオッサン達だ。

この狭いコミュニティーのタスマニアのどこにこんなに悪いオッサンが潜んでいるんだろうと思うほど、結構なバイキーのチームがあったりする。

僕は20代の頃、西オーストラリアで漁船を陸揚げする仕事をしていた際、一緒の宿に泊まっていたイギリスのバイキーチーム、ヘルズエンジェルスの一人と仲良くなり、同じ仕事を紹介したことがあった。その頃は色々チームの説明をしてくれたが、何せ英語が良く分からず、軽い気持ちで仕事を紹介した。結局数週間で辞めて行ったが、その後職場の人に、何であんな奴を連れてきたんだ、と戒められた経験を思い出した。いや、話すと結構いいオッサンなんだけどな。













c0248100_2324840.jpg



あまり大した写真は撮れていないが、是非タスマニアでバイキーの知り合いを作っていつかはいい写真を撮りたいと思う。オーストラリア人の友人はこの写真を見て、何でお前殺されなかったんだ?と言った。























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-08 23:05 | タスマニア | Comments(2)

アルバトロス










先日、撮影コーディネートの仕事でウニの撮影をするためタスマニアの東海岸地帯をボートでクルーズした際、アルバトロスに出くわした。しかも2種同時に。シャイ・アルバトロスと、少し顔の周りがグレーがかったブラーズ・アルバトロス。僕にとっては極めて珍しかった。今までに海岸沿いから遠くを旋回している1羽をかろうじて目撃したのみだった。

オーストラリアの固有種のシャイ・アルバトロスは、個体数約2万6000羽しか生息しておらず、IUCNのカテゴリーでは絶滅危惧種に指定されている。繁殖時期にタスマニアを訪れるものの、中々見ることはできない。羽を拡げると約210cmから260cmにもなる体長で、とても優雅に舞う鳥だ。

それにしてもアホウドリとはかわいそうな和名だ。元々は羽毛を収穫しようと捕獲する際、地上での反応が緩慢な為、簡単に捕まってしまったからだそうだ。英名アルバトロスは、ゴルフ用語としては難易度が高いので、多少高尚な名前として君臨しているのに。

今回何とか貴重なアルバトロスを撮影したが、実は船上では思いっきり船酔いで気分が悪く、仕事もせずに寝ていたせいでこの写真が撮れた。












c0248100_23315755.jpg






















c0248100_2333581.jpg






















c0248100_2352427.jpg






















c0248100_23344461.jpg






















c0248100_2341036.jpg






















c0248100_23422743.jpg






















c0248100_23435647.jpg






















c0248100_23454455.jpg






















c0248100_23484774.jpg
























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-04-07 23:58 | タスマニア 動物 | Comments(2)