Nowhere To Hide

<   2013年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ミャンマーの年末














何かと言えば、お祭り好きなミャンマー。毎月至る所で何かしらの祭りが催されているので、僕もじっとしていられず、仕事上がりの夜に参加したりしてきた。

大部分が仏教徒にもかかわらず、休む口実としてクリスマスは祝うものの、年越しは何故か全く眼中にない。
日本人としては他の日は休まずとも、年末は休みたいところだが、ミャンマーが祭日ではないので仕方が無い。暦上、ミャンマー社会では太陽暦を採用しているものの、特に田舎に行けばいくほど太陰暦が文化として根付いているからだろう。ミャンマーにはミャンマーの年号がある。当たり前に思っている西暦も、何も全世界で取り入れる必要もない。これからドンドン変わっていってしまうだろうミャンマーで、まだ変わらない文化を体感できることは僕にとってとても嬉しいことだ。

そういう訳で、今頃日本や各国では年末行事に忙しい頃だろうが、暖かいミャンマーではいつもと変わらない日々として年末が過ぎていく。















c0248100_0401214.jpg
























c0248100_0415088.jpg
























c0248100_0445793.jpg
























c0248100_0444177.jpg
























c0248100_046757.jpg
























c0248100_0474033.jpg
























c0248100_0483924.jpg
























c0248100_0505996.jpg
























c0248100_0513832.jpg
























c0248100_0522371.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-31 00:54 | ミャンマー | Comments(0)

昔の風景















日本にもあった当たり前の風景。村が協力して畑に苗を植える。

何だか昔の日本のようで、とても落ち着く。

誠実で平和で明るい人たちと生活していると、自分も誠実であろうとするし、明るくなるし、相手に対しても思いやりを持とうとするのではないか。

国民性は社会が作る面もあると言って過言ではないと思う。本当は誠実でいい人でも、社会性や仕事でのストレスによって人格が変わってしまう事があるかもしれない。

やはりある程度の広い空間のある田舎で、自然に近い生活環境で、他人へ極度に気を使う必要もなく、人とのつながりのある生活は一つの理想的な形かもしれない。














c0248100_1135418.jpg























c0248100_115221.jpg























c0248100_1161431.jpg























c0248100_1183050.jpg























c0248100_1183053.jpg























c0248100_1245798.jpg























c0248100_128173.jpg























c0248100_129515.jpg























c0248100_133148.jpg























c0248100_1345287.jpg























c0248100_1361762.jpg























c0248100_1374783.jpg























c0248100_139462.jpg























c0248100_1405452.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-30 01:42 | ミャンマー | Comments(3)

通勤路















村の建築現場に赴く途中、いくつかの村を通り過ぎる。

遠くに蓮の池が見えたので車から降りて歩いて近くまで行くことにした。

隣接する村の子供達が、予期せぬ訪問者を奇妙がって見に来る。

普通の乗用車がこんな村の奥地まで入ってくること自体が珍しいことに違いない。ここは牛車の通行路、自動車と言ってもバイクかトラクターを改造した小型トラック以外は通ることはほとんどない場所だ。














c0248100_04651.jpg























c0248100_0473968.jpg























c0248100_049024.jpg























c0248100_0514447.jpg























c0248100_05466.jpg























c0248100_0553916.jpg























c0248100_0581849.jpg























c0248100_0592220.jpg












しばらく走ったら川に出た。ここはもう道路だか川だか見分けがつかない。普段から交通量がある訳ではない。村人が何とか渡れれば問題ないので橋を建設するつもりも予定もない道だ。

しかたないので、ここから車を降りて小舟で渡ることにする。ここから現場のある村まではもう間もなくなはずだ。一応村へと続く主要な道路なので、雨季中は渡し船で小銭を稼ぐ仕事が発生する。















c0248100_182364.jpg























c0248100_112678.jpg























c0248100_1135624.jpg























c0248100_117235.jpg


















現場へ行った帰り、再びこの川を渡る。

また小舟に乗ることもできるがどうしようか。川の中を歩いて渡ることができる程度の深さだ。

結局丁度良く取りかかった牛車乗りの農夫が、わざわざ日本から来て僻地で病院を作っていることを知り、乗せてくれた。

この辺では4輪駆動車よりも牛車が強い。















c0248100_1224423.jpg























c0248100_1241363.jpg























c0248100_1245614.jpg























c0248100_1255616.jpg























c0248100_1262412.jpg























c0248100_1273422.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-24 01:32 | ミャンマー | Comments(0)

仏像の扱い方
















c0248100_23275972.jpg























c0248100_23291797.jpg























c0248100_23303815.jpg























c0248100_23325019.jpg























c0248100_2336831.jpg























c0248100_23375096.jpg























c0248100_23392740.jpg























c0248100_23413677.jpg























c0248100_23433485.jpg























c0248100_23461377.jpg























c0248100_23475438.jpg























c0248100_23492781.jpg























c0248100_2351194.jpg























c0248100_23554750.jpg























c0248100_23565627.jpg























c0248100_23581514.jpg























c0248100_23591813.jpg























c0248100_011655.jpg



























by hideoku0413 | 2013-12-23 00:03 | ミャンマー | Comments(0)

ヤンゴン郊外雨上がり















c0248100_1245737.jpg























c0248100_1263837.jpg























c0248100_1271734.jpg























c0248100_1281375.jpg























c0248100_129519.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-22 01:29 | ミャンマー | Comments(2)

人種のるつぼ











久々にヤンゴンを訪れた。普段ミャンマーの片田舎で生活している僕にとってはすばらしく都会に思える。

色んな人種の人が住んでいる。ミャンマーはタイ、ラオス、中国、インド、バングラディシュに接しているため、様々な文化が融合しているところだ。地理的には、軍事政権前までは様々な文化の流入があったとしてもおかしくない。

何でも135だか8だかの部族がミャンマー内には存在する。僕が見ているのはほんの一部の村々に過ぎない。











c0248100_0375460.jpg























c0248100_042071.jpg























c0248100_0434954.jpg























c0248100_045827.jpg























c0248100_0455626.jpg























c0248100_0475176.jpg























c0248100_0492823.jpg























c0248100_0501540.jpg























c0248100_0513340.jpg























c0248100_052778.jpg























c0248100_0525974.jpg























c0248100_054381.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-20 01:03 | ミャンマー | Comments(0)

繰り返し

















c0248100_2180100.jpg























c0248100_245230.jpg























c0248100_264886.jpg























c0248100_285362.jpg























c0248100_2102920.jpg























c0248100_2101858.jpg























c0248100_2113470.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-15 02:18 | ミャンマー | Comments(0)

通り過ぎる人たち 2
















c0248100_0434864.jpg























c0248100_0444445.jpg























c0248100_0453517.jpg























c0248100_047654.jpg























c0248100_048532.jpg























c0248100_048666.jpg























c0248100_0515357.jpg























c0248100_0522849.jpg























c0248100_0542651.jpg























c0248100_0564657.jpg























c0248100_0573776.jpg























c0248100_0583353.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-14 00:59 | ミャンマー | Comments(0)

通り過ぎる人たち 1














c0248100_1262495.jpg























c0248100_127199.jpg























c0248100_128766.jpg























c0248100_1282676.jpg























c0248100_1293754.jpg























c0248100_131679.jpg























c0248100_1323285.jpg























c0248100_134765.jpg























c0248100_1345011.jpg























c0248100_1362425.jpg























c0248100_148362.jpg























c0248100_1381971.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-13 01:39 | ミャンマー | Comments(0)

カモフラージュ














ミャンマーに生息するトッケイヤモリ。

ミャンマー固有種の木にしがみついていると、同系色だ。
こいつが我々の宿のキッチンにいた。全長30cmはあろうかという巨大なやもりが、どうやってキッチンにもぐりこんだのかは不明だが、白い壁にへばりついている様相はかなり異様だった。何でもかなり凶暴な性格らしく、顎の力が強いので噛まれたら大変らしい。

でかい段ボール箱に捕獲して、林に逃がしてやった。












c0248100_0474214.jpg























c0248100_0542516.jpg























c0248100_0564248.jpg























c0248100_0585036.jpg



























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2013-12-12 01:01 | ミャンマー | Comments(2)