Nowhere To Hide

<   2014年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

仏塔復興プロジェクト 3  村の援助

















以前少しふれたが、僕が現在進めているプロジェクトとして、旧日本軍によって破壊された仏塔の復興工事を進めている。

去年の11月頃から村に訪れ、戦時中に戦争体験をした人たちから話を聞くにつれて、この仏塔再興計画は日増しに現実味を帯びてきた。

毎週日曜日に一人で村を訪れてはガレキの撤去等を進めているうちに、地元の村人達が珍しがってか、また哀れに思ってか、僕の活動を手伝ってくれるようになってきた。まだ資金の調達が不明にも関わらず、日本人が一人で掘削作業を進めているのを見かねて、人づてに聞いてきた人などが無償で手伝いに来てくれた。













c0248100_118419.jpg



現場のガレキ撤去を進めてから4週目のある日、近くの茶店の母子と若者が手伝いに来てくれた。以来、毎週僕は彼女の店で休息させてもっている。


さすがに誰の土地かも知らない場所を掘削することはできないので、村長を始め、管轄市にも話を通した。ガレキのみ残る廃墟だろうが、遺跡として見なされると面倒になるので、施主は村の僧正という名目であれば進めても良しというお達しの元、とりあえず進めた。

建立費を甘く見ていた僕は、資金の調達の目途が立たないうちから勝手に話を進めているので、まだ村長を始め、村の代表者達の援助は得られていない。


















しかし、その次の週、前村長のU Myint Aungが突然現れて、手伝ってくれた。彼は破壊されたレンガを使って、村の中心にある寺院に仏塔を建てたときの協力者の一人だった。


c0248100_120184.jpg
























c0248100_123364.jpg



現場を知っている彼は、掘削するとすぐ、当時の仏塔の基礎部分を掘り出してくれ、以前の仏塔の大きさが把握できるようになった。僕のつたないミャンマー語での会話のみのコミュニケーションだが、彼からは多くの情報を得ることができた。

























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-30 01:36 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト | Comments(2)

服役中





















c0248100_2836100.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-27 02:09 | ミャンマー | Comments(0)

川岸の営み














ある日曜日、ミャンマー人の友人と2人バイクで遠出をした。行きには橋を渡ってたどり着いた町で、帰りは遠回りになる橋は止めて、舟で川を渡って帰ることにした。

この町には橋は無い。対岸に渡るには舟しかない。しかし、川岸に着いても船着き場らしきモノはなかった。友人に聞き込みしてもらったところ、対岸にいる船頭に合図を送る必要があるらしい。2人でバイクのヘッドライトを点滅させて合図を送った。

こんないつ人が渡るかわからない場所でも、対岸では目を凝らして見ていたんだろう。すぐに太陽光を反射させた鏡で合図を送ってきた。夜はどうやって合図を送るのか気になるところだが、間もなく小舟がやってきて、バイク2台難なく渡してくれた。










c0248100_0264315.jpg
























c0248100_0273859.jpg
























c0248100_0284081.jpg
























c0248100_0384479.jpg
























c0248100_04578.jpg
























c0248100_048056.jpg
























c0248100_0514324.jpg
























c0248100_0534494.jpg
























c0248100_056770.jpg
























c0248100_104680.jpg
























c0248100_13619.jpg
























c0248100_152926.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-26 01:07 | ミャンマー | Comments(3)

自己主張の自由

















c0248100_314386.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-25 03:13 | ミャンマー | Comments(2)

風化


















c0248100_1383790.jpg
























c0248100_1392771.jpg
























c0248100_1402377.jpg
























c0248100_1411375.jpg
























c0248100_1444259.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-24 01:45 | ミャンマー | Comments(2)

反射











気がついたらこの日は水の反射ばかり撮っていたようだ。










c0248100_1295612.jpg
























c0248100_131387.jpg
























c0248100_132681.jpg
























c0248100_1343633.jpg
























c0248100_1381853.jpg
























c0248100_1403397.jpg
























c0248100_1415220.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-21 01:42 | ミャンマー | Comments(2)

タイムリミット















一日の終わり、陽が沈んだ後のわずかな光が残るギリギリでの時間帯。

きちんと何を狙うのか決めないで撮るにはもったいない感じがする。何せ刻一刻と光が変化しているのが見えるからだ。

オートバイで目的地も決めずにうろついていることの多い僕は、いつも最高の時間のこの短いチャンスを見逃しているように感じる。











c0248100_151548.jpg
























c0248100_155955.jpg
























c0248100_1562751.jpg
























c0248100_1571646.jpg
























c0248100_1575042.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-20 01:58 | ミャンマー | Comments(2)

時間の観念












連日の摂氏40℃以上の暑さから和らぐ夕刻時に、馬に乗って道なき道を突き進んで探検するのが、週末の過ごし方の一つだ。

道路を通って行くと遠回りになる駅へ、荒野を突き抜けてショートカットコースで向かった。


電車は一日に一本しか通らないのは知っていた。午前10時前後のはずだ。登りも下りもこの時間には来ないことは誰しも知っている。無論、駅員ももうすでにいない。

この交通手段としては全く当てにならない電車で、以前他の町に行ってみようと、週末来たことのあった場所だ。結局その日は電車が来ず、待ちぼおけで駅からは何の説明もなかったこともあった。


そんな駅を通り過ぎる際、一人の人影が佇んでいるのが見えた。

町から離れた荒野のこの付近には、店はおろか人影も一切無い。この駅で、一人次の日まで電車を待っているそうだ。











c0248100_125121.jpg
























c0248100_1274255.jpg
























c0248100_1283619.jpg
























c0248100_1293483.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-19 01:35 | ミャンマー | Comments(2)

名目上











夜の町を彩るネオン。

不断ひっそりと穏やかな町でも、祭りの夜になると、パチンコフィーバーのようなドギツイネオンが目立つ。

仏教徒であることが当たり前の社会では、仏教の祭りであるということが前提ではあるが、寺院以外ではただのお祭りのようにも見える。要するに仏教の名の元にハジケているようだ。

寺院内ではろうそくの光など灯され、神聖な雰囲気を醸し出している一方、仏像がギラギラなネオンで装飾されていたりもする。彼らの美的、神聖なセンスは良く分からない。








c0248100_1492446.jpg
























c0248100_1505579.jpg
























c0248100_1531623.jpg
























c0248100_155961.jpg
























c0248100_156508.jpg
























c0248100_1584978.jpg
























c0248100_203430.jpg
























c0248100_22474.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-17 02:03 | ミャンマー | Comments(3)

ばあさんの犬っコロ












おなじ宿舎内に住んでいる、世話係のばあさん。洗濯などしてもらっているが、洗濯機を使ったことのなかったばあさん、何度言っても洗剤の量を間違える。というかこんな洗剤の量で本当に服がきれいになるとは思えないらしい。

僕の部屋の中にサソリがいようが、ゴキブリが住んでいようがお構いなしでまったく掃除しないばあさん。そんなばあさんの犬に子犬が産まれた。












c0248100_156355.jpg
























c0248100_1594790.jpg
























c0248100_204636.jpg
























c0248100_213490.jpg
























c0248100_262181.jpg
























c0248100_281070.jpg
























c0248100_4435391.jpg
























c0248100_5251965.jpg
























c0248100_5271130.jpg
























c0248100_5285798.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-05-16 05:30 | ミャンマー | Comments(0)