Nowhere To Hide

<   2016年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Berrickの血筋



















横浜の人気観光スポットである元町。そこから10分ほど丘を登った高級住宅街の山手の中にBerrick Hallと呼ばれる屋敷がある。現在では横浜市が管理する、開国時の由緒ある建物として一般に公開している施設だ。

1898年に渡来し、ここで貿易商としての事業を営んだBerrick氏の名前に由来する。

僕の個人的な経歴だが、2004年まで約3年間、仕事でここから歩いて15分程度の場所に住んでいたことがある。この屋敷のことは一切知らなかった。






c0248100_4571592.jpg
























c0248100_457331.jpg
























c0248100_4574878.jpg


今回前もって連絡をし、訪問したのには理由がある。

オーストラリア本土のアリススプリングスの砂漠の中で出会ったナツメヤシ農園のメンバーで、そこに数十年前から一人で住んでいるDaveの祖先が当時のこの屋敷の持ち主B.R.Berrick氏だそうだからだ。Daveの苗字もやはりBerrick。一人息子の彼は祖父であるB.R.Berrick氏の唯一の直系血筋を受け継いでいる。Dave自身はこの場所を訪れたことはまだ無い。

















c0248100_51615.jpg
























c0248100_51711100.jpg


Daveの祖父B.R.Berrick氏。Daveの父親は子供時代にここで過ごしたことをDaveに話して聞かせたそうだった。当時Daveの父親は日本語が話せたので、Daveの子供時代にはよく日本語が使われたとのこと。

その中の一つ、唯一Daveが覚えている言葉に「ボウ」がある。僕が初めてDaveに聞いたときは何のことだ?と思ったが、彼の父親がDaveを呼ぶ時に使っていた「坊や」のボウだった。
















c0248100_531408.jpg


館長の方にわざわざ案内していただいた屋敷内。当時のままの様子をできる限り残している。

この屋敷は50年程前まで数年間、このBerick Hallの向かいにあるキリスト教学校の寄宿舎として利用されていることがあった。以前僕がこの近辺に住んでいた際の仕事で知り合った方で今も仲良くさせてもらっている先輩は、少年時代この寄宿舎で過ごしていたとのことだった。何だか偶然が重なる。

















c0248100_5321934.jpg


当時Daveの父親が、子供部屋として利用していた部屋





















c0248100_5334367.jpg
























c0248100_5341461.jpg
























c0248100_5343685.jpg
























c0248100_5353165.jpg


輸出品の一品。輸出元の書いているナプキン。





















c0248100_5382062.jpg
























c0248100_546357.jpg


今では横浜の屋敷とは一切関わりが無く、砂漠に囲まれてラクダと一緒に生活を送るDave。

祖父の資金を受け継いで事業で成功した彼の父親や家族と供にシドニーで幼少時代を過ごしたDaveに、なぜこんな場所に住むことになったの?と聞いてみた。

彼を世話してくれた召使のオジサンにDaveはいつもくっついてまわり、金持ちではないにも関わらず陽気で明るく人生を楽しんでいる彼に影響され、子供心にDaveは金持ちが必ずしも幸せではないんだと悟ったんだそうだった。

その後青年期に親元を離れてオーストラリア中を旅して周り、ナツメヤシ農園の創業者と出会い、ここに落ち着くことになった。




人生はどうなるかわからない。













写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-30 05:58 | 日本 | Comments(2)

ニッポンのへそ辺り






















c0248100_5465612.jpg
























c0248100_5471675.jpg
























c0248100_5473294.jpg
























c0248100_5484385.jpg
























c0248100_5482392.jpg
























c0248100_548066.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-29 05:51 | 日本 | Comments(0)

木こり生活 福井県九頭竜 6 2016












短期間日本にいるついでにやれることはやってしまうつもりでいた。

福井の山管理もそのうちの一つ。去年植樹した広葉樹を確認するのが一番の目的だ。

去年2015年は雨期の終わりに植樹したので、根がきちんと張るはどうかが疑問だった。植樹に向いている時期はこれから芽を出して根を伸ばそうとする前の春先か雨期前だそう。

しかし確認してみると、思ったより根付いていた。山で見つけた山桜はほぼ6本全部生きている。演芸屋さんで買ったイチジクや河津桜はダメだったが、栗や他の桜も根付いている。これから毎年来る楽しみが増える。

今年2016年は何とか6月中旬に訪問できたので、雨期がまだ終わっていない。今年もできるだけ植樹したかった。

メンバーはいつもの僕とロクの2人。今回は僕の時間の関係で1泊しか費やせない。







c0248100_5365350.jpg


やっぱり草はボーボーだったが、時間の関係で今回は植樹に専念。去年の隣地の伐採のお蔭で太陽光がたくさん入るようになり、草の成長度合いも増していることだろう。今年は熊被害が日本中を騒がしていたので、我々もビビりながら山へ入る。そして熊に知らせるつもりで時折大声をあげる。



















c0248100_5395967.jpg


去年と比べて何も被害がないようだった。人が近づいた形跡もなければ、去年のように鹿の死骸が玄関で出迎えていることもない。今回は町の麓でキャンプする予定なので、窓の防雪板は外さないことにして、扉だけ開けて換気する。



















c0248100_5424169.jpg


ロクが前もって連絡してくれていた園芸屋さんで山桜を10本安く買ってきたので植樹する。植樹に伴い、細い枝が雪などで折れないように支柱をつくる。




















c0248100_5481782.jpg

























c0248100_5484015.jpg
























c0248100_549658.jpg


こんな長期的な遊びができるチャンスに恵まれたことは幸運だと思う。今回は伐採しなかったが、山仕事を実践でいきなり覚えることができる。やってみると難しいことが多い。何でも楽なやりかたをしようと考えがちだ。町の生活から山へ入ると自分のやりたいように行動をすることができない。自然が優先だからだ。自然のやり方に合わせつつ自分を適応させていくことが楽しみなのかもしれない。といいつつすぐ山を下りて惣菜の買い出しにいってしまう我々は全然甘い。

次回も何か形になるっことがしたい。




















写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-28 05:55 | 福井の木こり生活 | Comments(0)

田舎の静かな休日





















c0248100_4542190.jpg
























c0248100_4545545.jpg
























c0248100_4551288.jpg
























c0248100_4553766.jpg
























c0248100_4555325.jpg
























c0248100_45610100.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-27 04:57 | 日本 | Comments(0)

掘っ立て小屋計画 長野 2 2016

















約1年ぶりに訪れた長野の土地。ゆっくり時間をかけて楽しみながら進めたいと思っているが、いくら何でも時間かかりすぎだ。

今回は日本にいる時間的に1泊しか余裕がないので大したことはできない。







c0248100_55613.jpg


相変わらずこの土地を流れる小川の水は量が多くて清んでいる。雪解け水なので真夏でも数十秒しかはいっていられないほど冷たい。夏でも天然の冷蔵庫として使えるのが助かる。




















c0248100_565882.jpg


去年据えて屋根を造った建物は資材だらけで寝ることはできない。自分ちなのに結局キャンプ。心配した通り屋根の妻側を塞がなかったため、案の定屋根裏に蜂が巣を作っている。小さいながらも5か所ほど作っていたものを、新聞紙であぶって駆除する。



















c0248100_5103135.jpg


毎年何か形として残していきたいと思ったので、キャンプ用に座れるベンチを造る。近くの河川に転がっている石を拾ってきて組んだが、結局中途半端な仕上がりになってしまった。今後はもっと長くして、セメントを使わないが石同士が噛みあって強固な造りになるようにしたい。






















写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-25 05:14 | 長野セルフビルド計画 | Comments(4)

昼間の徘徊













東京は目的が無くてもうろついていれば何か刺激的なことが目に入るので、時間にとらわれずさまよい歩くのが一番のんびり楽しめる。

久々に日本に帰ってくる度に、食事のうまさ、サービスの良さ、快適さを追求しているのを肌で感じる。数週間いればもうその純粋な感覚は薄れてしまうが、この心地よさを実感するために海外に住んでいるんじゃないかとさえ感じることがある。

日本ほど地方や海外の文化が溶け合って、まだその片鱗が見える国は他に類を見ないんではないかと思う。





c0248100_5242032.jpg
























c0248100_525364.jpg
























c0248100_5251970.jpg
























c0248100_5261071.jpg
























c0248100_5262570.jpg
























c0248100_5264677.jpg
























c0248100_5272581.jpg
























c0248100_529076.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-24 05:19 | 日本 | Comments(0)

砂漠の住処 2


















c0248100_426357.jpg


自分の土地を開拓する手始めとして、車道を整備する。何せ後輪駆動の車は荷物が無いと空転しやすく、砂地の道では歯が立たないからだ。いくらでも手に入る枝打ちしたヤシの枝を道路に敷き込む。運んでくるだけでも手間のかかる仕事だが、更に1本づつトゲを注意しながらの作業。湿気がないこの付近では、有機物の腐敗も進まず、えらく長い時間道路の補強材として利用できる。


















c0248100_4314147.jpg
























c0248100_4302734.jpg


住処第一号の場所として、草むらに囲われた場所を選ぶ。





















c0248100_432233.jpg


アボリジニが伝統的に住処としてきたハンピーと呼ばれる縦穴式の住処。本来ならば全て枝草で造るものだが、強度と考慮して余りもののPVCパイプを骨組みとする。その間にヤシの枝を覆いかぶせる計画。




















c0248100_4352443.jpg


ナツメヤシ農園の作業の合間をぬっての自分の時間。暑さとハエで中々進まない。こういった単純作業は手伝ってくれる人数が多いと助かるんだが、この近辺50キロ四方はほとんど人がいない。




















c0248100_4373270.jpg


約3週間のキャンプ生活で酒の空きビンだけは増えていく。こいつらも資材としていつか使ってやる。




















c0248100_441875.jpg
























c0248100_4415258.jpg


結局3週間いて完成には至らなかった。急ぐ作業ではなかったものの、中途半端な仕上がりだ。次回訪問までに立っていてくれるかどうか疑問。



















c0248100_4441626.jpg


ハンピーが完成しなかった理由が、こっちに手が塞がっていたからだ。メンバーのBenにもらった3x3mの中古の物置。キャンプ道具や料理道具、車の道具でも何でもとりあえず風雨に晒されないスペースが優先だった。まわりをヤシの葉で囲い、劣化の一番の原因である太陽光と熱による損害を防ぐ措置をとった。

















c0248100_4481294.jpg


去年は一切気にならなかった野犬のディンゴの群れが夕方毎日のように遠吠えしている。まだまだ先の目途がたたない作業を黙々と続けているが、いつかもっと形になってくる日がくることを期待しつつの滞在だった。3週間という日数は長いようで短い。今年はもう日程的に難しいが、また戻ってくる。

約8年間ムチャクチャに使っていつも期待に応えてくれたこの愛車を手放すことにした。しばらくオーストラリアには戻ってこないので、車検を更新することが無駄だったからだ。今まで何度キャンプして遊んできただろうかわからないが、色んな思い出が残る愛車を手放すのは何とも苦痛だった。


















写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-23 04:54 | 自分で造る砂漠の住処 | Comments(0)

遠くの知り合い





















c0248100_3301868.jpg



パブで出会った。酔っぱらうと何やら人が変って呪いめいたことを言い出す。パプアで現地人と飲んだ時もそうだったが、彼らの人種は酒癖が悪い人が多い気がする。

ここから1500キロ程離れたアボリジニコミュニティーのWadayeの話をすると、共通の知り合いがいることがわかった。





















写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-15 03:37 | オーストラリア本土 | Comments(0)

ベンの砂漠の家プロジェクト 5 アリススプリングス 2016














前回も手伝ったベンのナツメヤシ農園の家。もう付け足しすぎて原型が無い。元の船上コンテナのお面影はほとんど見えない。

前回はPapercreteと呼ぶ古新聞を使った仕上げ壁材の施工や、屋根材を葺いたりした。

今回訪れてみると、前回柱だけ打った場所に長い軒が設けられている。大きな日陰のスペースは羨ましい限りだ。着々と自分の住処を快適にしてきている。





c0248100_635889.jpg
























c0248100_65449.jpg
























c0248100_612575.jpg


前回は無かったガーリック畑。砂漠にも関わらず地下水の豊富な土地に小規模灌漑設備まで設けた。





















c0248100_6143513.jpg


前回は10センチ程の大きさしかなかったサボテン。自動給水システムで定期的に水やりをしたおかげでやたら大きくなってる。知識欲の多いBenは本やネットや人脈から色んな役に立つ情報を仕入れてくる。今後は窯焼き場も造るそうだ。



















c0248100_6165158.jpg
























c0248100_618373.jpg


圧巻はこの裏の土地。依然未完成だが、知識と行動力が半端ではないBenは、この柔らかい砂地に大量の水を染み込ませて転圧し固くした後、バックホーで地下室エリアを掘った。設計上は南からくる冷たい風(南半球のため)が吹き抜ける仕組み。この砂の壁に屋根を乗せて母屋を造る予定。過程を手伝うのが楽しみだ。


















c0248100_6213887.jpg




























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-14 06:22 | 自分で家を造る人達の生活 | Comments(0)

砂漠の住処













オーストラリアのアリススプリングスでナツメヤシ農園で汗水流して働く一方、僕にはもう一つやることがある。

メンバーとして受け入れられたことで、この農園の一角に僕の土地が与えられた。
始めは車中泊で生活しているが、将来的にはこの土地に僕の住処を作ることができる。

しかも役所の検査も一切なし、自分でやりたいように作ることができ、水道もナツメヤシ用にくみ上げている地下水を好きなだけ無料で使える。水の少ないオーストラリアだが、そういうことならば将来的には風呂も欲しい。

境界線ははっきりしていないが、約150m角の土地。20000㎡以上もある土地を好きに使える。できるだけモノは買わずに快適に作ることができればと思っている。






c0248100_525206.jpg


まずは農園作業の合間をぬって、水道管の埋め込み作業のための溝を掘る。とげの多い灌木が多いため、前もって下草刈りをした後、農園のトラクターを使って溝を掘る。溝掘り用の付属部品があるため手作業でほらなくてもいい。



















c0248100_529767.jpg


BenとNathanの3人での仕事だが、大きな土地に計4人分のメンバーの土地への水道用の溝を掘る。丸2日以上の仕事だ。トラクターで掘った後、手作業で滑り落ちた砂を掘り出していき、水道管を埋設したあと砂をかぶせていく。全長約900mほどの作業を行う。




















c0248100_60986.jpg























c0248100_5343451.jpg


僕の土地へに入り口。砂地でも柔らかいところと固いところが見分けられるようになったが、無理して車で突っ込んで、案の定車がスタックし、Benの四駆で助け出してもらう。道から作ることができるのがなんだか贅沢だが、二駆の車では何とも心もとない。



















c0248100_5374016.jpg


始めは荷物が満載だったが、ここで下ろすことができてホッとする。車に相当負荷がかかっていたはずだ。タスマニアからはるばる2500キロ以上運んできた荷物。社内はベット以外無くなり空になったが、後輪駆動の車が砂にはまる頻度は益々増える。




















c0248100_5413812.jpg


道路脇には野良犬(ディンゴ)の死体がある。Dead Dingo Roadと名付けよう。





















c0248100_5435637.jpg
























c0248100_5442318.jpg


奥まったところの木々に囲まれた平らなスペースに、当面のキャンプ地を設けることにした。





















c0248100_546226.jpg


タスマニアからのもらい物も含めて調達したキャンプ地。今見るとそれなりに快適な空間に見えるが、砂と蟻とハエとの格闘。何でも砂まみれになるしアリはどこにでも登ってくるし。ハエはそんなに多くない時期のはずだがやっぱり多い。目鼻口耳のちょっとでも水分があるであろう穴にたかってくる。

このテント、日差しは結構遮るが、突如降る雨には全然無力。気にせず置いておいたカメラが雨の滴と砂塵で故障してしまった。二日後に日陰で乾燥させて電気系統が復活して、とりあえず事なきを得たが、その数日後は今度はパソコンが完全に故障した。



















写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2016-08-13 05:55 | 自分で造る砂漠の住処 | Comments(0)