Nowhere To Hide

<   2017年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

自然の造形
















c0248100_05145940.jpg

by hideoku0413 | 2017-09-29 05:16 | 日本 | Comments(2)

長野の掘っ立て小屋計画 3












北アルプスの麓、黒部ダム入口にほど近い長野の大町に、自分で建てる計画の山小屋建設。
理想ばかりで遅々として進まない。
何せ日本にいる時間が短すぎるのだ。

岐阜にある知り合いの植林地の杉を自分で切り出し、その材木で造る計画。
約5年前から放置されたこの植林地に手を入れている。
様子のいい杉は何本か狩り出してはいるが、山中で乾燥させている間にも、湿気の多い岐阜の山では特に気をつけていないと虫に喰われたり、腐ってきてしまう。このままのペースで進めても全然形にならないのは目に見えている。

海外での仕事に一区切りつけば、まとまった期間に日本での作業に没頭できる。
最近はその日を想像して建てる山小屋の設計には余念がない。

ベナンでの業務が続く中、約2週間弱の休暇をもらって帰国した。岐阜での作業も含めて2週間はあっという間だ。
今回も大町に訪れて草刈をしただけで結局友達と飲んだくれ、2日間のキャンプ中、何も進展なく終わってしまった。






c0248100_04532791.jpg


























c0248100_05075168.jpg
注:朝飯

























c0248100_04532907.jpg

突然訪れてくれたカモシカ。写真を狙って忍び足で追いかけても、ある一定の距離を保ったまま逃げたりはしなかった。























c0248100_04532822.jpg

体長約1.5mの完全体のアオダイショウの抜け殻。























c0248100_04532683.jpg



























c0248100_04532890.jpg























c0248100_04532785.jpg
何かで見たどこかの国のキャンドルライト。薪の小口をチェーンソーで十字に切れ目を入れて上から燃やすと、下の切れ目から空気を取り込んで長時間燃えてくれる。























c0248100_04532737.jpg

by hideoku0413 | 2017-09-28 05:09 | 長野セルフビルド計画 | Comments(2)

新鮮なニッポンの風景 2














c0248100_04052437.jpg




















c0248100_04011332.jpg




















c0248100_04045801.jpg





















c0248100_04045927.jpg






















c0248100_04045988.jpg






















c0248100_04011535.jpg






















c0248100_04011561.jpg






















c0248100_04011514.jpg






















c0248100_04011442.jpg






















c0248100_04011490.jpg






















c0248100_04011346.jpg






















c0248100_04011200.jpg




























c0248100_04011434.jpg






















c0248100_04011501.jpg


by hideoku0413 | 2017-09-27 04:19 | 日本 | Comments(2)

新鮮なニッポンの風景














c0248100_06114298.jpg



























c0248100_06114168.jpg
























c0248100_06114154.jpg










結構久しぶりに帰ってきた感じがするニッポン。
時間が限られているだけあって急いで移動する。
秋のせいもあるのか、ベナンとは違ったちょうどいい空気感の写真に写るような気がする。日本製のカメラのせいだろうか。


















c0248100_06063407.jpg

























c0248100_06125720.jpg






















c0248100_06125812.jpg
























c0248100_06063769.jpg
























c0248100_06063890.jpg
























c0248100_06063787.jpg























c0248100_06063672.jpg























c0248100_06063692.jpg
























c0248100_06063605.jpg























c0248100_06063586.jpg
























c0248100_06063578.jpg























c0248100_06063455.jpg


by hideoku0413 | 2017-09-26 06:19 | 日本 | Comments(2)

激流と静寂









ラオス最終日。
メコンの川は様々な表情を見せる。デット島のノンビリさは罪悪感を感じるほど最高だった。





c0248100_15544992.jpg





















c0248100_15544941.jpg




















c0248100_15544644.jpg





















c0248100_15544743.jpg





















c0248100_15544883.jpg




















c0248100_15544805.jpg




















c0248100_15544831.jpg

by hideoku0413 | 2017-09-24 16:02 | ラオス | Comments(0)

高床の家











メコン川内に浮かぶ島デット島は、雨期期間中の増水時は島が水の沈んでしまうことがあるのかもしれない。ほとんどの家は洪水対策として高床式の住居になっている。

床下は一般的に土間になっており、家畜を飼ったり農具等を保管する倉庫として利用したり様々な使い道があるようだ。古代の日本のように、ネズミやヘビなどの害獣による食料を被害を予防するための理由もあるかもしれない。

以前ミャンマーのエーヤワディー川沿いに住んでいる農民たちを訪れた際も、毎年の川の氾濫を利用して稲作をする農業だったが、やはり彼らの家も高床式だった。壁や屋根が竹や藁なんかで出来ている分、上物が軽い造りなのでこういった家が比較的簡単に作れるんだろう。

エジプトがナイルの氾濫による農業で繁栄したのと同じく、エーヤワディーもメコンもその賜物に違いない。













c0248100_04330424.jpg
















c0248100_04332392.jpg




















c0248100_04333884.jpg

















c0248100_04335498.jpg





















c0248100_04341006.jpg
















c0248100_04342387.jpg




























c0248100_04343530.jpg


























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-06 04:50 | ラオス | Comments(2)

疑わしそうな視線














c0248100_03563304.jpg


















c0248100_04054526.jpg














全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-05 04:09 | ラオス | Comments(0)

不思議そうな視線











人物のスナップはやはり自然体を撮りたい。声をかけてしまうと切り取りたい雰囲気が崩れてしまうような気がする。僕のように直観で撮りたい被写体に会った時は、後先考えずにカメラを向ける。

撮られる側の反応は様々。女子は顔を隠して避けたり逃げたりすることも多いが、東南アジアでは特に写真に撮られることに慣れていないであろう村人たちでも拒絶されることは少ない。韓国では怒られたりもしたが。僕の戦略としては、撮った後のコミュニケーションに重きを置くようにしている。撮る前に拒絶されることもあるが、こちらに敵意が無いことを示すことがいかに大事か気づく。デジタルカメラでは撮った写真をすぐに見せることができることが利点の一つだ。




c0248100_3324627.jpg





















c0248100_33365.jpg























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-04 03:48 | ラオス | Comments(0)

雨上がりの日中














c0248100_5225230.jpg






















c0248100_52376.jpg






















c0248100_5232358.jpg






















c0248100_5234219.jpg






















c0248100_524276.jpg






















c0248100_5242081.jpg






















c0248100_5243923.jpg

























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-02 05:29 | ラオス | Comments(0)

デット島スナップ














c0248100_5515440.jpg






















c0248100_551688.jpg






















c0248100_5521195.jpg






















c0248100_5525531.jpg






















c0248100_5531135.jpg

























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-01 05:56 | ラオス | Comments(0)