Nowhere To Hide

あげる写真
















日曜日にバイクでウロツイテいると、同じ道でもそこを通る人達によっては全く違った雰囲気に感じることがある。

知らないモノ同士でも顔を見合わせてアイサツをすると、何となく相手の性格がわかる気がする。写真を撮る側としては、相手に悪意が無いことを示すことがとても大事だし、そこからキッカケを作れるだろう。カメラを持っていなくても人間としてそういった態度を自然に醸し出せる人間になりたいと思う。

この日、見ず知らずの兄弟にちょっと距離をおいてレンズを向けた。仲の良い兄弟がホノボノして見えたからだ。

彼らが数十年後にこの写真を見たら、勝手にいい思い出になっているような気がした。僕は海外で撮った写真はプリントしてあげることが多々ある。彼らにもあげよう。見つけるのは訳ないはずだ。








c0248100_782971.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-25 07:25 | ベナン | Comments(0)

通り過ぎるつかのま
















僕が住む宿の前を通り過ぎる牧童家族。被写体として魅力的でもっと間を詰めたいが、牛のフンだけを残して仕事中の彼らは黙々と歩き去っていく。









c0248100_5272868.jpg
























c0248100_5282493.jpg
























c0248100_5285048.jpg
























c0248100_529145.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-19 05:30 | ベナン | Comments(0)

デベソ





ベナンにはデベソの人達が多い。

みかん畑で働く青年。夕刻に出会って村までバイクで乗せていったら、わざわざ送ってあげたにも関わらず、何かプレゼントはないか?とのこと。こっちのセリフだろ!と話しつつもアフリカでは多々あることだ。やはり外国人は金を持っていると思っている。

行く先々でカド―、カド―とプレゼントを要求する。何でもいいからモノが欲しいらしい、が僕はあいにく大した金は持っていない。この風習はどうにかならないもんだろうか。わざわざ西アフリカベナンまで来て、みんなが利用できるよう政府の無償援助で病院を建てている。それだけでいいではないか?








c0248100_614664.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-15 06:03 | ベナン | Comments(0)

ヨソモノ










知らない道の真中にバイクを停めて野鳥の写真を撮っていると、通り過ぎる際に気さくに話しかけてくる地元民。

こういう自然な出会いがあるのは嬉しい。少しづつフランス語を聞き取れるようになってきたせいか、僕の態度にも余裕が出てきたのかもしれない。ただし、地元民はフォン族の言葉であるフォン語を話す。

「よう!どこに行くんだい?」みたいな挨拶から始まり、アフリカ系以外の外国人を一切見ないエリアでも臆せず話しかけてくれる。僕は行くあてもなくいい被写体を求めてさまよっているに過ぎないが、連いていくと彼らの家族や知り合い等、いい写真が撮れることが多い。

しかし連いていっても、経験上ただ紹介され世話を受けるだけではダメだと思う。自分ができることを図々しくもアピールしないと、ただのガイジンで終わってしまう。イチ人間対人間として接することができるような関係になるのが理想的だし、いい写真も撮れる気がする。











c0248100_524666.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-14 05:29 | ベナン | Comments(0)

ベナン 年末の空















ベナンでは季節の変わり目の年末は変わった雲が出現し、砂の混じった大雨が降る。

気温が一気に20℃前後まで下がるため、寒さに弱いアフリカの人達は、我々には信じられない厚着する人達もいる。

シルト質の多い粘土層の地盤は雨によって粘り気のあるグチャグチャな土に変わり、建築現場を管理する我々にとっては対処しがたい悪条件となる。







c0248100_552474.jpg
























c0248100_55392.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-12 05:12 | ベナン | Comments(0)

濁った空
















赤道に近いベナン。暑いことは暑いがそれほどでもない。何より湿気が多いので、今まで中々カラッと晴れた空というのはほとんど見ていない。雨期中とその前後は湿度が90%を超える。部屋の中の片隅に転がっている布やベニヤの壁、バックパックまで気づいたらカビていたことがあった。カメラレンズがカビたらショックだ。

やっと12月に雨期が終わって乾期が来たと思ったら、ハルマッタンと呼ばれる西アフリカ特有の貿易風に乗って砂塵が舞い上がる。またカラッとした空は見れない。太陽を直接見ることができるほど砂塵が舞う。カメラにとっては命取りだ。










c0248100_623677.jpg
























c0248100_625090.jpg
























c0248100_631547.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-11 06:12 | ベナン | Comments(0)

日曜の徘徊














僕がベナンで写真を撮れるのは、ほとんどが日曜日の自由な時間に限られる。

絵になる人や風景がそこら中に目に入っても、バイクを停めてカメラを向けるともうその瞬間は通り過ぎていることが多い。

バイクで狙っているときはカメラをタスキ掛けしてレンズキャップを外し、できるだけすぐに撮れる状態にしている。おかげでカメラとレンズはいつも埃まみれになる。しかしすぐに撮れればいい写真かというと、そうではない。どうしてもアジア人である僕が目立ってしまうからだ。

やはりある程度時間をかけてその場に溶け込んだ上、被写体が僕やカメラを意識しなくなってからが一番満足な写真が撮れるように思う。

今日の写真は日曜日に道端で出会ってすぐに撮った被写体が意識している写真だが、やはりベナン滞在当初に比べて、被写体リラックスしている写真が撮れるようになってきたように思う。


話は変わるが、ブログにアップすると、どうやっても縦写真の画像が悪くなってしまう。以前より何度も設定を変更して試しているが、どうもよくならない。









c0248100_534244.jpg
























c0248100_5343663.jpg
























c0248100_5392837.jpg
























c0248100_53575.jpg
























c0248100_5352427.jpg
























c0248100_5353815.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-10 05:36 | ベナン | Comments(0)

朝の務め














日中の陽が高い時間は気温が35℃以上にも上がるベナン内陸地。

仕事をするのは陽の低い朝方がいい。村はほとんど電気に頼っていない生活のせいか、日の出とともに起きるのが村の生活のようだ。

この日、僕の住むアラダ市付近のコンテナヤードが開業するのに伴い、大統領が訪問するとのこと。近くのゼー村の主婦軍団が草刈に狩り出されていた。朝の数時間作業を約2週間ほど続けて、線路沿いは見違えるようにきれいになった。

中には乳児を背中に背負ったままだったり、片乳を出して赤ん坊に授乳しながら作業している。こちらでは7人8人の兄弟は当たり前。そうしたオッカサンは10数年ずーっと小さい子供がいるので、育児だけにかまっていられない。









c0248100_555013.jpg
























c0248100_555174.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-09 06:00 | ベナン | Comments(0)

ヨボ














写真を撮らせてくれることが少ないベナンの中で、子供達は撮りやすい。彼らから寄ってきてくれるからだ。撮った写真をその場で見せてあげると、みんな食い入るように見つめる。


人種の違う外国人など目にすることのない町の裏道を一人うろついていると、どうしても目立ってしまう。そして僕の一挙手一投足を凝視し続ける。ここ数年で中国人がアフリカ中で増えているそうだが、やはりアジア人は珍しい。


子供を含めてベナン人が外国人に対して決まって言う言葉に「ヨボ」という言葉がある。ベナンで最も人口の多い部族であるフォン族の言葉で、ガイジンという言葉だ。

日本で、外国人の友人がガイジンと呼ばれることに対して、彼らが多少なり腹立てていることを聞いたことがあるが、さすがにここまでヨボ、ヨボと言われると気持ちのいいもんではないのは確かだ。

しかしそんなことは気にしていられないし、最近ではバイクも手に入れ、ベナンで写真を撮るこつをつかんできたように思う。

ヨボに関しては、ベナンの小学校で教える有名な歌があるらしく、バイクに乗っていても子供達が「ヨボ ヨボ ボンスワ」と歌いながら手を振ってくれる。

この辺りでは、大分知られたヨボになりつつある。








c0248100_5454562.jpg
























c0248100_546085.jpg

























c0248100_5461436.jpg
























c0248100_5462945.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-07 05:47 | ベナン | Comments(0)

ベナンの落穂拾い












ベナンに来てから半年が経った。長いようで、いや、やっぱり本当に長く感じる。
しばらくブログをサボっていたが、ボチボチ再開することにする。

何故か今まで使っていたブログのフォーマットが使えず、勝手に変わっていたので、近似の黒の背景を選んだが何か違う。





ベナン流、落穂拾い的な画になるような気がしたのでとっさにシャッターを切った一枚。

実際は草原の草刈をしている。

湿気の多いベナンでは、日本のように草花や雑草の生える速度がとても早く、人手の多いアフリカでは村人が一丸となって共同作業に勤しむ。

僕が常々思うのは、アジア人との骨格の違い。彼らは頭の上にモノを積んで歩く行為からも立証できるが、とても姿勢が良い。そして前傾姿勢を保ちながらの作業も苦にならないようだ。日本人なら間違いなく腰に響く体勢での作業を頻繁に見かけることができる。

草刈に使っている道具は、車の板バネを加工した鉈。比較的どこでも安価に手に入れることができる。以前滞在していたパプアニューギニアでもこのような道具を使っていたが、パプア人ほど武器としては用いていないようだ。






c0248100_5143690.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-05 05:27 | ベナン | Comments(0)