Nowhere To Hide

Benin Workers 1

















c0248100_5141266.jpg
























c0248100_5142643.jpg
























c0248100_5144140.jpg
























c0248100_5145666.jpg























c0248100_515122.jpg
























c0248100_5152793.jpg
























c0248100_515436.jpg
























c0248100_516147.jpg
























c0248100_5161825.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-31 05:18 | ベナン | Comments(0)

ある日の現場前の道











我々が進めている病院建設は、幹線道路から外れたゼー村へ続く未舗装道路に沿ってある。

近くの元大統領が所有する土地に建てられたコンテナヤードの開所に伴い、ゼー村の住民が草刈作業に狩り出された。朝早い気温が低いうちに作業をしてしまうのが効率が良いらしく、我々が現場の朝礼を済ませたころにはこの道路を通って家路につく。





c0248100_5302351.jpg
























c0248100_530361.jpg
























c0248100_5304958.jpg
























c0248100_531669.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-30 05:36 | ベナン | Comments(0)

ブードゥーの木













ベナンが発祥とされるフォン族の宗教ブードゥー教。アメリカ大陸への黒人奴隷によってアメリカやカリブへも伝播されている。ここベナンではボドゥンと呼ばれ、ブードゥーはそれが訛ったものではないだろうか。ボドゥンはフォン語で精霊を意味する。

わら人形やゾンビを始め、呪いやまじないのイメージが強いこの宗教だが、ここベナンでは恐怖感が少ないが同様にまじないの観念が根強くのこる民間信仰だ。

お祭りなどの儀式にはこのブードゥーを基にした集まりがあるが、中々写真には撮らせてくれない。この片田舎で地元民との人脈を深めて、近いうちに記録に残したい。

写真は時期によってはブードゥーの儀式が執り行われる場所だそう。









c0248100_553065.jpg
























c0248100_5532093.jpg
























c0248100_5533684.jpg
























c0248100_5535282.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-29 05:56 | ベナン | Comments(0)

顔見知り















僕が住む小さな町アラダには雑貨や食料を多く取り扱うスーパーマーケットのような総合店は無い。
住民は3日に一度開かれる地元のマーケットでの買い物を余儀なくされる。観光的になっているマーケットとは違い、生活必需品や地元の産物、宗教がらみの物品などが売られており、お土産になるようなものは売っていない。

我々が進める病院建設工事には多くの地元民を雇っている。マーケットに顔を出すと顔見知りに出会うことが多い。











c0248100_794210.jpg
























c0248100_710173.jpg
























c0248100_7101888.jpg
























c0248100_7103631.jpg
























c0248100_7105225.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-27 07:11 | ベナン | Comments(0)

三日に一度の市












僕が住むベナンの内陸地アラダでは、3日に一度、マーケットが開催される。

住んでいる宿舎からは歩いては遠いせいと、日曜日にマーケットが重なる日と合わなかったせいもあり機会がなかったが、バイクを手に入れてからはかなり行動範囲が広がった。

特に何も買うつもりもなくうろついていると、思いっきり周りの視線を浴びる。周りからはガイジン、や中国人といった声が聞こえる。アフリカ人はもっと背が高いと思っていたが、ここベナンでは僕より身長が高い人物にはまだ遭遇したことがない。










c0248100_450655.jpg
























c0248100_4502133.jpg
























c0248100_4504638.jpg
























c0248100_451539.jpg
























c0248100_4514114.jpg
























c0248100_452417.jpg
























c0248100_4522361.jpg
























c0248100_4524558.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-26 05:00 | ベナン | Comments(0)

あげる写真
















日曜日にバイクでウロツイテいると、同じ道でもそこを通る人達によっては全く違った雰囲気に感じることがある。

知らないモノ同士でも顔を見合わせてアイサツをすると、何となく相手の性格がわかる気がする。写真を撮る側としては、相手に悪意が無いことを示すことがとても大事だし、そこからキッカケを作れるだろう。カメラを持っていなくても人間としてそういった態度を自然に醸し出せる人間になりたいと思う。

この日、見ず知らずの兄弟にちょっと距離をおいてレンズを向けた。仲の良い兄弟がホノボノして見えたからだ。

彼らが数十年後にこの写真を見たら、勝手にいい思い出になっているような気がした。僕は海外で撮った写真はプリントしてあげることが多々ある。彼らにもあげよう。見つけるのは訳ないはずだ。








c0248100_782971.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-25 07:25 | ベナン | Comments(0)

通り過ぎるつかのま
















僕が住む宿の前を通り過ぎる牧童家族。被写体として魅力的でもっと間を詰めたいが、牛のフンだけを残して仕事中の彼らは黙々と歩き去っていく。









c0248100_5272868.jpg
























c0248100_5282493.jpg
























c0248100_5285048.jpg
























c0248100_529145.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-19 05:30 | ベナン | Comments(0)

デベソ





ベナンにはデベソの人達が多い。

みかん畑で働く青年。夕刻に出会って村までバイクで乗せていったら、わざわざ送ってあげたにも関わらず、何かプレゼントはないか?とのこと。こっちのセリフだろ!と話しつつもアフリカでは多々あることだ。やはり外国人は金を持っていると思っている。

行く先々でカド―、カド―とプレゼントを要求する。何でもいいからモノが欲しいらしい、が僕はあいにく大した金は持っていない。この風習はどうにかならないもんだろうか。わざわざ西アフリカベナンまで来て、みんなが利用できるよう政府の無償援助で病院を建てている。それだけでいいではないか?








c0248100_614664.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-15 06:03 | ベナン | Comments(0)

ヨソモノ










知らない道の真中にバイクを停めて野鳥の写真を撮っていると、通り過ぎる際に気さくに話しかけてくる地元民。

こういう自然な出会いがあるのは嬉しい。少しづつフランス語を聞き取れるようになってきたせいか、僕の態度にも余裕が出てきたのかもしれない。ただし、地元民はフォン族の言葉であるフォン語を話す。

「よう!どこに行くんだい?」みたいな挨拶から始まり、アフリカ系以外の外国人を一切見ないエリアでも臆せず話しかけてくれる。僕は行くあてもなくいい被写体を求めてさまよっているに過ぎないが、連いていくと彼らの家族や知り合い等、いい写真が撮れることが多い。

しかし連いていっても、経験上ただ紹介され世話を受けるだけではダメだと思う。自分ができることを図々しくもアピールしないと、ただのガイジンで終わってしまう。イチ人間対人間として接することができるような関係になるのが理想的だし、いい写真も撮れる気がする。











c0248100_524666.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-14 05:29 | ベナン | Comments(0)

ベナン 年末の空















ベナンでは季節の変わり目の年末は変わった雲が出現し、砂の混じった大雨が降る。

気温が一気に20℃前後まで下がるため、寒さに弱いアフリカの人達は、我々には信じられない厚着する人達もいる。

シルト質の多い粘土層の地盤は雨によって粘り気のあるグチャグチャな土に変わり、建築現場を管理する我々にとっては対処しがたい悪条件となる。







c0248100_552474.jpg
























c0248100_55392.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2017-01-12 05:12 | ベナン | Comments(0)