Nowhere To Hide

ただ












何となく僕のイメージで孫悟空を思わせるいい顔だったので撮らせてもらった。ただそれだけです。













c0248100_19344241.jpg



















人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-02 19:47 | パプアニューギニア | Comments(2)

ポーズをとる人たち













やっとパソコンの問題が解決できたので、またブログ再開しました。


パプアはカメラマンにとってはある意味天国かもしれない。
以前にもちょっと触れたが、外国人はある意味、特別扱いされるので、
この人が撮りたいと思ったら迷わず撮らせてくれる。

しかし、できる限り自然な写真が撮りたいので、カメラ目線でポーズをとっている写真はなるべく避けたいところだ。これにはある程度の慣れと、僕自身の態度、被写体との関係や時間が必要になると思う。
町でスナップ写真を撮る場合、これが中々難しい。時間が限られているからだ。それでいてパプア人は撮られたがりな人たちだ。確実にカメラを意識した写真になる。




















c0248100_174065.jpg

















c0248100_1795046.jpg

















c0248100_1795493.jpg

















c0248100_17103320.jpg

















c0248100_17115129.jpg

















c0248100_17123232.jpg























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-01 17:16 | パプアニューギニア | Comments(2)

壊れた。










いやー、実は先週パソコンが壊れてしまった。
一応ここは水力発電の為の建設現場で、パプアで一番デカイ電力会社が管理してる敷地なんだが、停電が多い。バックアップで発電機を入れた際、相当高い電圧が流れ込んでしまったらしく、ショートしてしまった。パソコンのバッテリーも壊れてしまった。もうここでは使い物にならない。ということでしばらく写真が整理できなくなってしまった。今は会社のパソコンしか使えなくなった。

写真整理してROWfileを加工するソフトがもうしばらく、あと3,4日したら届くはずなんでそれからまたどんどん写真載せるつもりです。


















c0248100_20142831.jpg























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-06-25 20:16 | パプアニューギニア | Comments(4)

ノラ犬









パプアニューギニアには野良犬が多い。

しかし町や村の人の多い場所で生きているので、おとなしい犬が多い。もっぱら残飯をあさって生活しているようだ。
僕がパプアに赴任するにあたって狂犬病の予防接種を受けることを勧められたので、野良犬が多いことは知っていたが、よほどイジワルをしない限り、噛まれる心配は無さそうだ。車で近づいても避けようとしないグータラな犬も多い。

種類も少ないように思える。元々有袋動物しか住んでいなかったオーストラリアに、犬を持ち込んだのは西洋人が入植するずっと前、アボリジニーと呼ばれる原住民が最後の氷河期に入植してきた時だ。オーストラリアではディンゴと呼ばれている。元々、東南アジアからオセアニアを経て伝わったようだ。だとすると、ここパプアにいる犬たちはディンゴの祖先の血を引き継いでいるんだろうか。




















c0248100_2084436.jpg


















c0248100_2092875.jpg


















c0248100_20101397.jpg




















人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-06-20 20:11 | パプアニューギニア | Comments(2)

新しいヘアスタイル














c0248100_19534281.jpg


























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-06-19 19:56 | パプアニューギニア | Comments(2)

村の診療所











パプアニューギニアは国の施設、空港、インフラなど、とことんユルイが、やっぱり病院(診療所)もそうだった。ここはルールっていうものがあるんだろうか。彼らはルールを守ろうという考えがさらさら無い。日本はルールが多すぎて自分の首を自分で絞めている気もするが。

確かに建築現場で作業員を注意する役目の僕にとっては、本当に目に余ることだらけだ。給料日には午後になると仕事場を抜け出す。先週は20人いなくなった。しかもしっかり昼飯の弁当だけは食っていく。マラリアが多いので、仮病を使って早退する、親戚が死んだせいにする。村単位の部族で暮らしているここの作業員は家族がやたら多く、育ての親と生みの親、同じ村の人は家族みたいなものらしい。



作業員のジョンが指を怪我した。自分の指をスラッシュハンマーで叩いたらしい。いつもの診療所が休みなので、ちょっと離れの村に向かう。





















c0248100_20211362.jpg


「こんちわー!、、、、、、、、、。」

全く反応がない。2時間位前、ジョンが一人で来たときは混んでるから門前払いされたらしいっていうのに。
















c0248100_20222943.jpg


やっと出てきたと思ったら、感じのいい先生だ。
ずかずか入っていって写真を撮り始める。勝手に隣の部屋に行って撮り始めてもお構いなしだ。写真を撮る人にとっては、このユルサがとてもいい。
















c0248100_2023936.jpg

















c0248100_20234782.jpg


じゃあまず問診から。














c0248100_20242692.jpg

















c0248100_20251092.jpg

















c0248100_20261157.jpg


早速、処置室へ移動。
















c0248100_2026561.jpg

















c0248100_20273252.jpg

















c0248100_20281427.jpg

















c0248100_2029204.jpg

















c0248100_20302971.jpg

















c0248100_2031969.jpg


ついでにドライバーのジャックも。
















c0248100_20315620.jpg

















c0248100_20323799.jpg

















c0248100_20331460.jpg




実はこのジョンとは以前、ひと悶着あった。

作業員を全員狩りだして、現場周辺のゴミ拾いをしたときだ。
監視しているのが僕だけだというのをいい事に、約220人いる作業員の内、ジョンだけ参加せずにサボっているのを見つけた。恐らくその他にもサボっているのはいただろうが、ジョンは僕の視界の前で座ったまま堂々とサボっていた。僕はすかさず駆け寄って、

「名前は何だ、IDカード見せろ。」

詰め寄ると、ジョンは嫌々ながら立ち上がった。そして僕から立ち去ろうとしたので、捕まえて、またIDカードを問いただす。するとジョンもむきになって、

「オレには名前なんて無い!IDカードも持ってない!」 捕まえた手を振りほどこうとする。周りの作業員がみな注目している。ここで捕まえた手を引けないと思った。





しかしその後、僕はこんな些細な事に、しかも年上の人にこんな態度を取ってしまった、という罪悪感もあって手を離した。

ジョンはイソイソとゴミを拾い始めた。














c0248100_20334870.jpg




ゴミ拾いの後、僕はジョンに話かけた。ジョンは、僕が彼をクビにする警告レターを書くと思っていたらしい。

「ゴミを拾うんなら、何で最初からやらなかったんだ?オレはその後君ががゴミ拾うのを見てたよ。」

「そうだな。さっきはオレだけサボってて悪かったよ、ボス。」


つまらないことで怒ると、怒った方も後味悪い。僕も何とか取り繕ろうと必死だった。しかも大勢の前で、彼の威厳を損なってしまったから尚更だ。


















c0248100_203425100.jpg

















c0248100_2035072.jpg

















c0248100_20353349.jpg


例のひと悶着があって以来、僕とジョンはお互い目を合わせないようにしていたのかも知れない。特に接点もなく数週間が過ぎていた。

今回のこの怪我のおかげで、病院へ向かう道すがら、ジョンとまた話をする機会を得た。



診察後、「ありがとう、ボス。」とジョンは言った。

















c0248100_20361442.jpg

















c0248100_20364958.jpg





パプアは物価が高いので、診療費もさぞかし高いだろうと思ったら、「5キナでいいよ。」

5キナと言えば、約230円程度。保険証も何も無い。しかも会社から預かった金が200キナという大金で、これではお釣りが無いと言う。みんなのポケットを探しても5キナはなかったので、

「明日でいいよ。」



ここまでユルイのはいいなぁ。

























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-06-18 21:46 | パプアニューギニア | Comments(2)

賑やかな集団







近くの村に行った。
8Mileという名前の村だ。ここから一番近い町Kainantuから8マイルあるからという単純な名前の村だ。ここら辺を通り過ぎた白人が名づけたという。隣の村は9Mileと言う。

どこの村の入り口にも小さな露天商がある。村人はマーケットというので、始めはどんなものを売ってるのか期待していたが、要するに村人の社交場だ。村人が集まって、あーでもない、こーでもない話し合う場だ。



















c0248100_18583831.jpg




















c0248100_18312996.jpg


そこにお店らしいものがある。ちょっと何があるかのぞいてみた。














c0248100_18322752.jpg


「やあ、ここで何を売ってるんだい?」

「いや、特に何も無いよ」

「、、、、、、、、、、、、、。 いや、何か売ってるだろ。例えばビールとか!」

「いや、ビールは売ってないよ」

「じゃあ、タバコとかかい?」

「そうねぇ、タバコは売ってるかな」


商売っ気まったく無しだ。中をのぞくとホントに何も無かった。













c0248100_18335283.jpg

















c0248100_1922265.jpg

















c0248100_18411015.jpg


どこに行っても目立つのは子供達だ。そこら中にわんさかいる。おじさんに話を聞くと、一家族子供が5,6人は当たり前。オレの知り合いには11人いるよ。と言っていた。その内子供たちが集まってきて、いつの間にか先導される。
















c0248100_18421616.jpg


















c0248100_1843081.jpg


とにかく興味津々で、僕の撮った写真を覗き込んでくる。一度でも撮った写真を見せようものなら、群集になって迫ってくる。恐らく今まで写真に撮られたことは数回、数えるくらししか無いのかもしれない。みんな自分や友達の写真を見てはゲラゲラ笑う。















c0248100_1844452.jpg

















c0248100_18445487.jpg

「わかった、わかった。みんなの写真撮るからそこに並んでよ。」
















c0248100_1845422.jpg

「じゃあもう一枚! はい、撮ったよ。」















c0248100_18463794.jpg

「わー!!見せてー!!!」





















人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-06-17 19:43 | パプアニューギニア | Comments(3)

交通手段









パプアニューギニアでの交通手段はもっぱら、トラックの荷台だ。
悪路にも関わらず、過積載だったり、平気な顔でトラックのアオリに座ったりしている。乗せる方も乗せられるだけ乗せて少しでも金を稼ぐ。気持ちいいくらい安全第一の観念無し!

















c0248100_18581058.jpg

















c0248100_18585616.jpg

















c0248100_190033.jpg

















c0248100_1903794.jpg

















c0248100_1913232.jpg

















c0248100_1922584.jpg

















c0248100_1932080.jpg

















c0248100_194673.jpg



















人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-06-16 19:10 | パプアニューギニア | Comments(3)

選挙戦







パプアニューギニアの選挙は熱い。
政府に期待しているせいもあるが、選挙キャンペーンのお祭り騒ぎに便乗して騒ぐ支持者たち、本気で候補者を支持する武等グループがある。今日調べたニュースでは、我々が住む東高地州近辺の選挙区だけで、すでに19名が亡くなったそうだ。選挙は再来週だが、更に過熱する傾向にある。また、選挙後も当選しなかった腹いせに支持者がヤケになって銃撃戦を起こすそうだ。めちゃくちゃだ。よく見ると選挙ポスターも統一性が全然ない。垂れ幕だったりポスターの大きさが違ったりしている。再来週の選挙日は我々外国人集団は何も起こらないように祈りつつ、静かに息を潜めるしかないようだ。














c0248100_21131064.jpg

















c0248100_21141797.jpg

















c0248100_21145490.jpg

















c0248100_21153722.jpg

















c0248100_21162373.jpg

















c0248100_2117839.jpg


















人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-06-15 21:20 | パプアニューギニア | Comments(3)

残念な日









c0248100_21224137.jpg






何でこんなに人が集まっているかというと、、、














c0248100_21234540.jpg

















c0248100_21245654.jpg






こういうことだった。

この日はラグビーの国際試合で、オーストラリアのチームと対戦するゲームが行われていた。
普段は静かな村だが、ラグビー中継の日だけは、どこからこんなに人が出てきたんだろうと思わせる程、小さなテレビに隙間なく人が集まる。恐らく村の外れにある農家の人たちもテレビを求めて出てきてるんだろう。

日中でもそうだが、こういうお祭り騒ぎでも外国人は皆無だ。僕のような訪問者はある意味、特別扱いになる。写真には暗すぎるなぁ、とテレビの持ち主にボソッと言ったら、テレビの上にある電気を点けてくれる。それでも暗いが仕方ない。皆僕に興味津々のようだ。続々と周りに集まって一瞬で囲まれる。

全体的に村人は、気さくで好奇心旺盛だ。酒を飲み始めた一部の若者を除いては。














c0248100_21254025.jpg

















c0248100_2126209.jpg

















c0248100_21265541.jpg






パプアニューギニア人は極端に酒に弱く、暴力的になると聞いていたが本当のようだ。
そのうち、酔っ払った若者達がオレも撮れオレも撮れと集まってくる。酔っ払ってるので足元がふらついて、僕の体にも体当たりしてくる。僕はこういう状況でも特に危機感は感じず、暴力的だとは思わなかったが、たまたま遊びに来ていた現場の作業員の知り合いスティーブンが、場を鎮めに入ってきてくれた。すると今度は地元民であるスティーブンにイチャモンをつけ始めた。何でお前は邪魔するんだ!とか、何でオレを撮らせないんだ!とかゴチャゴチャ言っている。もう収拾が付かない。その場を離れることを余儀なくされた。

スティーブンには迷惑かけた。明日よくお礼を言おう。ついでに7時まで働いた作業員だけにあげるビスケットとジュースをあげよう。会社の金だが。

もっと長くねばりたかった。もっといいシーンの写真が撮れると思った。しかしパプアニューギニアでああいう酒の入る場に潜り込むのは相当難しい。嫌でも目を引くからトラブルメーカーになってしまう。不完全燃焼だ。あんなにいい被写体なのに不満足だ。残念だ。


















人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-06-13 22:04 | パプアニューギニア | Comments(2)