Nowhere To Hide

目力








「いや、確かに了解もなく写真撮ってしまいましたが、それは何かあなたに光るモノを感じたからであって、決して怒らせるつもりではないです。 すいませんでした!」





何ていう言い訳はしませんでしたが、ある種のオーラを感じたのは本当です。いい目をしていました。














c0248100_1927248.jpg

























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-28 19:29 | パプアニューギニア | Comments(3)

自己主張






前々回に続き、ゴロカ付近の部族です。とにかく格好イイです。




c0248100_19484179.jpg




誰が何と言おうと、この人たちは女性です。彼女達にとってオシャレとはなんなんだろうか?異性の気を惹くことよりもまず前提に、他の部族との抗争に勝利するために戦意を高めるといった意識が元々あるんじゃないだろうか?

僕の働いている現場にいる現地の従業員たちは、もっぱら若いながら結婚して子供も何人かいる。よくお金の問題で、嫁さんとトラブルになった話を聞くが、暴力が当たり前のように話すのに驚くことがある。その暴力はエスカレートしすぎて、殺人になっているケースも幾つか耳にした。必ずしも男が暴力を振るう話ばかりではない。女性も強い。知り合いのパプア人は、嫁さんに棒で頭を叩かれそうになったので、右手で防御したが、当たり所が悪くてここ2週間程包帯をしている。そういえば最近悲しそうな顔をしている。確かにこの女性達も強そうだ。
















c0248100_1949417.jpg



















c0248100_19502391.jpg



















c0248100_19511481.jpg



















c0248100_1952495.jpg



どこの世界でも一人くらいは周りと溶け込まないおっさんがいるもんです。


















c0248100_1952428.jpg



アメリカインディアンの酋長のようにも見えます。(あくまでも女性です)

















c0248100_19532550.jpg



















c0248100_19541173.jpg



















c0248100_1955084.jpg



















c0248100_20523468.jpg



















c0248100_20531410.jpg





日本の奥ゆかしさを表現する文化とはまるっきり反対、自分を表現するために原色で目立たせ、直球で勝負する文化なんだろう。回りくどい間接的な言い回しなどないのかもしれない。目には目を、歯には歯を、更に村人が他の村人に襲われたら、団体で復讐。なんてこともある。表面上は平和でも、ちょっとした亀裂で部族間の抗争に発展しているのも事実だ。たった数キロしか離れていない部族でも言語が違う。一体今までどうやってこの文化が生き残ってこれたんだろう。絶句。

























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-27 20:37 | パプアの部族 | Comments(1)

色の主張






前回から紹介している部族は、パプアニューギニアの中部の山岳地帯、ゴロカ付近に住む人たちだそうだ。
低地の気候とは違い、高地は雨も多く、快適な気候のため植生も多い。動植物も派手なのが多いせいか、身近なモノを使って作る部族の伝統的な格好も派手になるようだ。












c0248100_20291791.jpg


















c0248100_20294726.jpg


















c0248100_20302226.jpg


















c0248100_20305541.jpg


















c0248100_20314444.jpg


















c0248100_20322658.jpg


















c0248100_20331139.jpg


















c0248100_20334894.jpg


















c0248100_20342963.jpg


















c0248100_2041566.jpg





全員の男女の区別がついたでしょうか?





















人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-26 20:48 | パプアの部族 | Comments(4)

ある部族との出会い










c0248100_20104079.jpg


















c0248100_2081295.jpg


















c0248100_2064614.jpg



















c0248100_2072673.jpg
























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-25 20:15 | パプアの部族 | Comments(3)

ユニフォーム












c0248100_20391556.jpg










やたらオシャレなこの人の職業は何かと思ったら、



ヤカンを両手に持ち歩く水売り屋さんです。



人は見かけによらない。











c0248100_20462237.jpg


























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-24 20:50 | パプアニューギニア | Comments(0)

不敵な笑み












c0248100_19503039.jpg


















c0248100_1951559.jpg


















c0248100_1952324.jpg


















c0248100_19522883.jpg


















c0248100_19531299.jpg


















c0248100_19513048.jpg




























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-23 19:56 | パプアニューギニア | Comments(3)

みんなも注意








c0248100_21121773.jpg







パプアの病院に貼り出してあったエイズ感染を喚起する広告。

左はセピック川付近にいて、ワニが祖先だと信じるため、ワニのような背中に模様をいれる部族の習慣。
右はひたいに入れている人などが多い、ほぼ全土で行われている自家製で入れる刺青の習慣。続いてきた色んな文化が、現代の病気が原因で無くなってしまうのは残念だが、随分思い切ったことする文化だ。

みんなも注意するように。



























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-21 21:28 | パプアニューギニア | Comments(0)

Yonkie Wet Pub









世界中どこへ行っても、酒の飲める国では簡単に飲み屋が見つかるが、ここパプアで生活していると、拘束時間が長いせいもあるが、ほとんど目にかかることがない。酒に飲まされてトラブルになることが多いせいからかもしれないし、政府が酒の販売を禁止することが多いからかもしれない。一番近い都市レイまで約350キロの道のりに、幾つかの村はあっても、最低限の生活用品が売っていたり、小さな露天がある以外は何もなく、居酒屋などあるはずもない。

たまに飲み屋に行ったら、珍しくて写真を撮ってしまう。ツマミは一切無い。無愛想なおっさんバーテンがいるだけだが、客は気さくなのですぐに話相手になってくれる。















c0248100_2054465.jpg


















c0248100_2061699.jpg


















c0248100_2065137.jpg


















c0248100_2073146.jpg


















c0248100_208860.jpg


















c0248100_2084679.jpg


















c0248100_209169.jpg


















c0248100_2095053.jpg





























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-20 20:21 | パプアニューギニア | Comments(1)

背の順








村の中では、子供達も大人達も男も女も、人とのつながりが大事だ。
兄弟も親戚も他人でも気さくに接することができる文化だ。全世代ひっくるめて一緒に生活している。
村単位でみんなが助け合って、協力して、(あまり譲りあってはいないが)生きている。
家の中を拝見させてもらっても、何も隠すようなものがない。間仕切りのない家なので、僕が中に入ると、周りにいた村人達もぞろぞろ人に家に入ってくる。家主もそれが当たり前のように、何のお咎めもない。

ここに住んでいる人にとっては、ごく当たり前のように思えるが、この地域での結束感や精神的なつながりは、日本ではどうだろうか?家族単位のつながりは強いものの、地域となると、特に都会では全くといっていいほど連帯感がないように思う。

村に住んでいる人たちにとっては、大人になって離れた場所で生活することになっても、自然と帰ってくる場所なんだろう。それはそこに人とのつながりを感じられて、自分が受け入れられる場所だと知っているからだろう。パプアには恐らく引きこもりという言葉など無いんだろうな。
















c0248100_2043854.jpg





























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-19 20:08 | パプアニューギニア | Comments(2)

山へ続く道











c0248100_20181691.jpg




















c0248100_20172555.jpg





















c0248100_20185567.jpg





















c0248100_2014943.jpg





















c0248100_20194652.jpg





















c0248100_20124035.jpg




















c0248100_20204576.jpg




















c0248100_2012722.jpg





















c0248100_20213479.jpg






























人気ブログランキングへ
# by hideoku0413 | 2012-07-18 20:32 | パプアニューギニア | Comments(0)