人気ブログランキング |

Nowhere To Hide 無宿モノの世界中ポートレート

Superb Fairy Wren ルリオーストラリアムシクイ <タスマニア>









ヒタキ科のSuperb Fairy Wren。タスマニアでごく普通に目にすることができる鳥だが、1か所にジッとしていないことが多く、また小型で警戒心が強いので望遠じゃないと撮影は困難な鳥。成獣の雄は鮮やかな瑠璃色だが、今回の写真はまだ成熟していない鳥なので色がまだまばら。

Superb Fairy Wren ルリオーストラリアムシクイ <タスマニア>_c0248100_21422739.jpg
















Superb Fairy Wren ルリオーストラリアムシクイ <タスマニア>_c0248100_21422785.jpg
















Superb Fairy Wren ルリオーストラリアムシクイ <タスマニア>_c0248100_21422701.jpg

こちらは雌のWren















Superb Fairy Wren ルリオーストラリアムシクイ <タスマニア>_c0248100_21422768.jpg

# by hideoku0413 | 2020-06-08 21:51 | タスマニア 動物 | Comments(0)

動物注意の標識 <タスマニア>











タスマニアならではの動物注意のロードサイン。タスマニアと一言で言っても北海道を一回り小さくしたくらいの大きさがあるので、せっかく出会った貴重な標識も写真に撮っておく。よく目にする有袋類もあれば、地域限定のレアな動物もいたりする。有袋類は車の光で固まってしまい、道路で立ち往生したり、走行中横から一瞬で飛び出してきたりして山中では確かに轢かれていることが多い。今日も日暮れに山道を走ったら思いっきりデカいワラビーを轢きそうになった。もうダメだと思うくらい近かったが何とか車が停まった。本来ならば急停車やハンドルを切るのは推奨できない。車のコントロールが効かなくなったり、後続車が止まれずに危険だからだ。今日は後続車もいなかったので良かったが下り坂での急ブレーキは避けたい。





動物注意の標識 <タスマニア>_c0248100_17531569.jpg















動物注意の標識 <タスマニア>_c0248100_17531589.jpg
















動物注意の標識 <タスマニア>_c0248100_17531542.jpg

個体数の多くないタスマニアンデビル。















動物注意の標識 <タスマニア>_c0248100_17531567.jpg
タスマニア内でもレアなカモノハシ















動物注意の標識 <タスマニア>_c0248100_21390885.jpg















動物注意の標識 <タスマニア>_c0248100_17531452.jpg

こいつはちょっと違うが看板に留まったワライカワセミ















動物注意の標識 <タスマニア>_c0248100_17531476.jpg

# by hideoku0413 | 2020-06-07 18:06 | タスマニア | Comments(0)

鏡面効果の高い川面 <タスマニア>










低地の海に近いタスマニア北部の川面。雨の多い高地の川に流れ込んだ植物からのタンニンが下流まで来ても濃度が濃く、光が差し込むと水面の鏡面効果が高い。海まで数キロという近場にありながら深い谷合の薄暗いユーカリ優占種の林で様々な野鳥の他、穏やかな川岸にはカモノハシも生息している。カモノハシの写真はまた次の機会に。



鏡面効果の高い川面 <タスマニア>_c0248100_20295274.jpg
















鏡面効果の高い川面 <タスマニア>_c0248100_20295252.jpg















鏡面効果の高い川面 <タスマニア>_c0248100_20295329.jpg
















鏡面効果の高い川面 <タスマニア>_c0248100_20295281.jpg
















鏡面効果の高い川面 <タスマニア>_c0248100_20295297.jpg
















鏡面効果の高い川面 <タスマニア>_c0248100_20295179.jpg

# by hideoku0413 | 2020-06-06 20:36 | タスマニア | Comments(0)

不気味な枝ぶり <タスマニア>








高地の矮性のせいか植生のせいか、不気味な枝ぶりを見せるユーカリや冷温帯雨林のペンシルパイン。




不気味な枝ぶり <タスマニア>_c0248100_21215794.jpg















不気味な枝ぶり <タスマニア>_c0248100_21230341.jpg
















不気味な枝ぶり <タスマニア>_c0248100_21215781.jpg

















不気味な枝ぶり <タスマニア>_c0248100_21230361.jpg

# by hideoku0413 | 2020-06-05 21:25 | タスマニア | Comments(0)

Dip Fall <タスマニア>











柱状節理が顕著な岩肌の上によく偶然水の道ができて滝が形成されてくれたなあー、と感心する。火山の浅いところの溶岩が急速に固まって形成された固い粗粒玄武岩。規制線が設けられて六角形の岩を真上から撮影できないのが残念。地理学上貴重なこんな立派な滝だけど、タスマニア州政府はあまり観光地として力を入れないので山奥にひっそりと存在する感じがいいな。







Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081374.jpg
















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081517.jpg
















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081375.jpg

















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081497.jpg















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081459.jpg
















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081331.jpg















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081407.jpg
















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081400.jpg
















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081432.jpg















Dip Fall <タスマニア>_c0248100_21081543.jpg

# by hideoku0413 | 2020-06-04 21:11 | タスマニア | Comments(0)

Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>










有袋類の動物ウォンバット。有袋類は哺乳類の中でも胎盤のある動物とは別の独自の進化をした動物。胎盤の代わりにパウチと呼ばれる袋状の育児嚢が発達した。胎児を体内で安全に育てられる哺乳類と違い、有袋類は超未熟児、数週間で豆粒ほどの胎児を生み、乳のあるパウチまでたどり着けた胎児が生き残れる可能性を秘めている、どちらかというとギャンブル性の強い動物。

カンガルーなどの子供がお腹から顔を出しているイメージのある有袋類だが、4つ足で歩くウォンバットはどうかというと、後ろ向きにパウチのついた育児嚢から子供が顔を出すこともある。要するに大人のウォンバットのお尻の下に子供が顔を出し、親がフンをすると子供の顔に落ちる、、、、、まあそれはいいのだが、珍しいのはウォンバットのフンがサイコロ状の四角形だということ。生物学上、このようなフンをする動物は他に類がないそう。

有袋類は基本脳みそは小さいが、ウォンバットも同様。あまり危機回避能力が強いようには見えない。コアラと近い種なので顔は似ているがコアラのように木登りは出来ずに長い巣穴を掘る。木の股に腰かけて一日を過ごすコアラ同様、お尻の骨は分厚く、野犬などに襲われても巣穴に逃げ込めば捕まる心配はないほど強いお尻をしている。

短足で動きが鈍そうだが、まあ普段はノソノソ歩くが、本気を出すと結構速い。時速30キロほどで巣穴に向かって逃げる。それに比べて肉食のタスマニアンデビルは時速12-3キロしか出ないので、肉食動物としては致命的。

ウォンバットの歯はげっ歯類の動物のように死ぬまで生え続ける。活動する際はほぼずっと草を食べている。基本は夜行性だが、気温によっては朝や夕方に出てきて活動する。観察できる国立公園内では人間が襲わないのを認識しているせいか、タスマニアンタイガーが絶滅して以来ほぼ襲われる心配がないからか、ウォンバットの活動時間帯も周りの環境によって多少違うようだ。





Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595170.jpg















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595286.jpg















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595012.jpg















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595138.jpg
















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595122.jpg

















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595208.jpg















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595261.jpg















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595109.jpg















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595103.jpg
















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_19595259.jpg















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_20015987.jpg















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_20015930.jpg
















Bear-nosed Wonbat ウォンバット <タスマニア>_c0248100_20015911.jpg














全般ランキング


# by hideoku0413 | 2020-06-03 20:04 | タスマニア 動物 | Comments(2)

黒鳥の湖 <タスマニア>













白鳥と違って渡らない鳥、黒鳥 Black Swan。結構近づきやすくて撮影しやすい。黒鳥はタスマニア中の低地の淡水でよく目撃できるが、なぜかいっつもオオバンと一緒の住処にいる。よっぽど相性がいいんだろうか。





黒鳥の湖 <タスマニア>_c0248100_19482408.jpg
















黒鳥の湖 <タスマニア>_c0248100_19482377.jpg

















黒鳥の湖 <タスマニア>_c0248100_19482346.jpg
















黒鳥の湖 <タスマニア>_c0248100_19482379.jpg

こいつは一見、黒鳥のヒナのようにも見えるが、オオバン。いつも近くに生息している気がする。














黒鳥の湖 <タスマニア>_c0248100_19482308.jpg

# by hideoku0413 | 2020-06-02 19:51 | タスマニア 動物 | Comments(0)

Stanleyの町 遠浅の波の模様 <タスマニア>












Stanleyの町 遠浅の波の模様 <タスマニア>_c0248100_19160348.jpg
















Stanleyの町 遠浅の波の模様 <タスマニア>_c0248100_19160346.jpg

















Stanleyの町 遠浅の波の模様 <タスマニア>_c0248100_19160362.jpg















Stanleyの町 遠浅の波の模様 <タスマニア>_c0248100_19160364.jpg

















Stanleyの町 遠浅の波の模様 <タスマニア>_c0248100_19160353.jpg

# by hideoku0413 | 2020-06-01 19:20 | タスマニア | Comments(0)

Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア>











前回に続いてタスマニア北西部Stanleyから離岸した小さな玄武岩の島に住むオットセイ。
オットセイはタスマニア島の全周に生息しているが、生息域は地形の都合上人間などの外敵が近づかない岩肌や小島のため、見れる場所は限られている。
後ろに見えるテーブル状の岩はThe Nutと呼ばれる同じく火山によって形成された玄武岩の岩山。


Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184100.jpg















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184183.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184141.jpg

















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184238.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184070.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184011.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184199.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184360.jpg















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184246.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19184288.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204675.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204708.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204795.jpg















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204569.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204582.jpg















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204693.jpg















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204673.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204674.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204712.jpg
















Australian Fur Seal 2 オットセイ <タスマニア> _c0248100_19204549.jpg














全般ランキング


# by hideoku0413 | 2020-05-31 19:29 | タスマニア 動物 | Comments(0)

Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>











タスマニア北西部の海岸沿いの町Stanleyから数百メートル離れた玄武岩の小島に住むオットセイ。
オットセイはタスマニア全体で見ることができるが、ここはかなりの個体数をまとめて見れる場所。約300匹くらい。
基本的には移動する生態ではないが、食料不足によっては数百キロ移動するそう。

オットセイの他アジサシや鵜やカモメが住んでいて風向きによってはかなり臭いが、それを覚悟で間近に船から観察する。
運が良ければペンギンやアホウドリ、カツオドリも目撃することができる。
この辺はホオジロザメの住処だが、オットセイの中には襲われて大けがしているのも見かけた。





Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042796.jpg















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042792.jpg

















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042883.jpg















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042685.jpg

















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042659.jpg















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042773.jpg

















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042653.jpg
















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042741.jpg

















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042580.jpg
















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20042692.jpg

















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20062760.jpg















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20062704.jpg

















Australian Fur Seal 1 オットセイ <タスマニア>_c0248100_20062781.jpg

# by hideoku0413 | 2020-05-30 20:08 | タスマニア 動物 | Comments(0)

Brush-tail Possum フクロギツネ <タスマニア>










カンガルーやタスマニアンデビル同様有袋類のポッサム。モジャモジャしたしっぽのブラシテイル・ポッサムとしっぽの先がクルント内側に曲がっているリングテイル・ポッサムがいる。

このポッサムはどちらかというと結構嫌われている、、、、、
人間の立場からの利己的な視点だが、まあ理由は簡単に想像できる。
まず町の郊外にも住みついて、人んちの庭の果樹を漁る、、、、一口食べてポイっとして次の果物、みたいな食い方をする。
そしてかなり図々しい。ちょっと慣れたポッサムは勝手に人の小屋に上がり込んできたりする。人間が危害を加えないのを知ってか、エサを求めてかなり人間の近くまでくる。屋根をバタバタと移動して騒がしい、、、など。
あ、まだあるか、ゴミ箱を漁る。雑食なので残飯を漁りにゴミのふたを開けたりビニールを引っ張って結果的にゴミをまき散らす。 鳴き声が重低音で気味悪い。 電線をかじって停電させる、、、などもあるな。
ニュージーランドに外来種として持ち込まれ、飛べない鳥なんかを襲って固有種に危害を加えるため、今では駆除対象として捕獲されている、、、など。

まあここまで悪口を書いたが別にポッサムが嫌いな訳ではない。特に好きなわけでもないがなかなか面白い生態だと思う。歩き方がお尻を振っているようでかわいらしいし、おなかのポケットに入れないくらい大きくなると、母親の背に乗って移動すして微笑ましい。人間をお構いなしにすっとぼけている様子は結構気に入ってる。

日本の誰かがフクロギツネと命名したが、これは間違っているように思う。こいつは全然キツネのような感じではない。キツネのように敏捷性は無いし、ずる賢いっていうほど頭は良くない。キツネと違って木登りが得意だ。どちらかと言うとタヌキとかアライグマのような感じの方が近いと思う。

ポッサムはあまり大自然の中では見ることが少ない気がする。どちらかというと森の近い町や村の際に住み着いているようだ。個体数は多いが、ポッサムがほぼ夜行性なので昼間に目撃することは無いに等しい。そのせいもあって今まで大した写真を撮っていない。





Brush-tail Possum フクロギツネ <タスマニア>_c0248100_23054839.jpg
















Brush-tail Possum フクロギツネ <タスマニア>_c0248100_23054805.jpg

# by hideoku0413 | 2020-05-29 23:07 | タスマニア 動物 | Comments(0)

陽の当たる黄昏フェリー <タスマニア>









タスマニアの北岸デボンポートの町から出航するフェリー。オーストラリア本土のメルボルンまで半日弱の旅。本土とタスマニアを車で行き来するのにはこれに乗り込むしかない。基本昼間と夕方の一日2便を2隻で周っている。日本のようなサービスは期待できないが、船の旅はなんだか特別な楽しさがある。日本のフェリーのように浴場や雑魚寝場があればいいのに。






陽の当たる黄昏フェリー <タスマニア>_c0248100_21072500.jpg














陽の当たる黄昏フェリー <タスマニア>_c0248100_21072504.jpg

















陽の当たる黄昏フェリー <タスマニア>_c0248100_21072515.jpg
















陽の当たる黄昏フェリー <タスマニア>_c0248100_21072634.jpg

















陽の当たる黄昏フェリー <タスマニア>_c0248100_21072534.jpg

# by hideoku0413 | 2020-05-28 21:15 | タスマニア | Comments(0)

クラシックカーのある景色 <タスマニア>











タスマニアはクラシックカーが映える広い空の景色が多い。信号も少なく渋滞も無くツーリングするにはもってこいだと思う。制限速度は日本より全然高めで有料の道路も無いし、日本と同じ左車線なので旅行者もレンタカーで周るのがおすすめ。
日本は古い車には税金が高くかかるが、タスマニアではクラシックカーと認定されればかなり安い税金で維持することができる。


クラシックカーのある景色 <タスマニア>_c0248100_22072759.jpg















全般ランキング


# by hideoku0413 | 2020-05-27 22:14 | タスマニア | Comments(0)

タスマニアの自然模様 9













タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144454.jpg















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144450.jpg















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144366.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144305.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144418.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144339.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144349.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144342.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144511.jpg

















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17144581.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17164083.jpg

















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17163972.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17164025.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17163980.jpg

















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17164089.jpg

















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17163919.jpg
















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17163995.jpg

















タスマニアの自然模様 9_c0248100_17163855.jpg

# by hideoku0413 | 2020-05-26 17:19 | タスマニアの自然模様 | Comments(0)

我慢のパドリング <タスマニア>











友人と思い立ってカヌーで川下りを決行した。天気も良くはない。
何の下調べもせずに、何となく遠目からキレイで穏やかに見えるダーウェント川の少し上流に向かう。ホバート市の中心から30分程度の場所。ここは郊外の新興住宅エリアと呼べる地帯。
僕が中古でこのカヌーを買ってから一回も使ったことが無かったので場所はどこでもよかったが、とりあえず使い勝手を調べるために近場に設定した。カヌー旅をするには最低2人必要だ。出航地と到着地にそれぞれ車が必要だから。とりあえずライフジャケットに水、ビール、スナック、カメラ。そんな程度の軽装。






我慢のパドリング <タスマニア>_c0248100_21025681.jpg
















我慢のパドリング <タスマニア>_c0248100_21025643.jpg

















我慢のパドリング <タスマニア>_c0248100_21025660.jpg

















我慢のパドリング <タスマニア>_c0248100_21025676.jpg

しかし入水してからブラックスワンのフンや新興住宅の排水による水の臭さ、天気の悪さ、逆風の強さに辟易した。到着地点の車の置場まで我慢のパドル。やっぱりアウトドアのアクティビティの場所と天気はキチンと計画をたてて実践しないとなー。まあやってみないと気付かなかった失敗もありか。







# by hideoku0413 | 2020-05-25 21:09 | タスマニア | Comments(2)