Nowhere To Hide

超合理的








途上国全般に言えることだが、環境に対する基礎的な知識や、国の対策などはほとんど無いに等しい。
上下水道、ゴミ処理、排気ガスの公害など、先進国と比較にならないほど、インフラ設備が乏しい。

加えてこのパプア人の他力本願を主とする道徳的観念が加われば、超合理的な精神が国を支配することになる。

衛生観念が乏しいこの国の代表的な国民病の一つに腸チフスがあるのも納得できる。

川では飲み水として利用している他、石鹸を使って洗濯、シャワー代わり。用を足すにも川から離れるのは村の水汲み場近辺のみのようだ。

村の中、特に自分のところの敷地はある程度美化が保たれているものの、人が集まる町のマーケットなどは特に無法地帯だ。

ゴミ処理には、分別という観念はゼロ、プラスチックでも缶でもとりあえず燃やしてみる。
車から空缶、ペットボトルの投げ捨てが一番多いゴミの捨て方。
タバコの吸殻などは勿論、ブアイという嗜好品を町のいたるところに吐き出すので、環境美化に取り組むなどもっての他。ここまで自己中心的に好き放題やっていると、じゃあおれも関係無えー、となってしまうのも無理は無い。第一キレイに使おうという考えすら全く無いかもしれない。

















c0248100_2010320.jpg



マーケットの屋台の裏はほぼどこもゴミ捨て場。誰か一人が捨て始めればもう歯止めが利かない。マーケットを運営する市側もゴミ箱など設置しない。これでみんな疑問を持たずに満足。合理的だ。
















c0248100_20103888.jpg



下水が流れて人が通りづらい場所はには、誰かがブアイを吐き出す。そうするともういつの間にかゴミ捨て場。うーん。国をあげて美化運動に取り組むには人々の固定観念を覆す教育が無いとダメだ。一人ひとりの意識が向上しないと無理だな。


























人気ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2012-08-20 20:18 | パプアニューギニア | Comments(3)
Commented at 2012-08-21 09:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-21 09:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hideoku0413 at 2012-08-23 20:18
パプアでは人のいるところでゴミが散乱していないところはどこにも無いです。町、村イコールゴミ溜め場の式ができています。プラスチックゴミは自然に還らないから捨ててはダメなんだという公式はここでは当てはまりません。そもそもどこまでがゴミで汚いという意識がでてくるのかが違うんでしょう。日本人は何でこんなにキレイ好きになったのかも興味深いっすね。