Nowhere To Hide

仏塔復興プロジェクト 37 仏像胴体制作
















古い仏像の頭の加工がひと段落したので、早速胴体部分の施工に入る。まずは壁にチョークで仏像の大まかな画を描く。それを元にレンガで組んでいる足を制作する。モルタルで雑に大きさを合わせていく。3人でやっていると非常に仕事が早い。




c0248100_22323243.jpg


仏像の大きさからも、そんなに大人数で作業する必要はない。僕と職人のU Win Zaw Hteyとはいつもいい場所を取り合いながら仕事は進んでいく。

足の形、組み方などある程度形出来上がってから、逐一僕がちょっとした違いを指摘する。ミャンマーの基本的な仏像とはちょっと違うらしく、彼も彼の意見があるが、何とか僕がやりたいようにやらせてくれる。



















c0248100_22324835.jpg
























c0248100_2233210.jpg


その日のうちに胴体部分の制作に入った。今回は古い仏頭を使うので、胴体内部に頭を支える鉄筋を入れ込む管を設置する。

この時点で仏頭の首の角度、頭の前後位置が決まってしまうので、慎重に話し合い、管を据えた。



















c0248100_22331327.jpg
























c0248100_22332673.jpg


結局この日は腕以外、大方の胴体部分を制作することができた。






















c0248100_22333789.jpg



























写真(全般) ブログランキングへ
by hideoku0413 | 2014-10-05 22:48 | ミャンマー仏塔復興プロジェクト