Nowhere To Hide

うなだれる母親













毎週休みになると行くバスケットのコート。
その敷地脇に住む家族を訪れた若い母子がいた。
たまに見かけるが、いつも皆と一緒に食事をしているので恐らく従妹だろうか。


この日、母親である彼女は暗い面持ちで静かに一点を見つめていた。
気になって近づいてみると、赤ん坊がとても衰弱しているようだった。
話を聞くとマラリアで熱があるという。股にはヒドい汗疹のような発疹も出ていた。
病院に行ったそうだがお金がなくて治療を受けられず、途方に暮れて帰ってきたところだった。




c0248100_05595857.jpg

























c0248100_05595813.jpg

























c0248100_05595821.jpg

いくら必要なんだと聞くと、30,000CFA(西アフリカ通貨フランクセーファー、日本円で約6,000円)だという。
医療保険や社会保障のほとんど整っていないこの国で、緊急の際にはいかに資金の蓄えがあるかが肝要だ。
こんな小さな町で数少ない外国人である僕が現地の人に比べて多少お金があるのはわかっていると思うが、全くお金をせびる様子は無かった。また周りの家族も何とかしてやろうという気配も感じられなかった。恐らくそこら中でこのような状況があって、赤ん坊の死亡率も高いに違いない。


僕が一度宿舎に帰ってお金を持ってきたことに驚いたようだった。
この金は赤ん坊のために、と僕が念を押すと彼女は静かに僕を真正面を見据えてうなずいた。

















その2週間後の日曜日、彼女がまた赤ん坊を連れてやってきた。
明るい顔で入ってきた途端すぐに赤ん坊の様子を察することができた。バスケをしている僕らの中に入ってきて感謝してくるくらいに。



c0248100_05595760.jpg


























c0248100_05595723.jpg


























c0248100_05595794.jpg





























全般ランキング


by hideoku0413 | 2018-03-02 06:32 | 西アフリカ ベナン | Comments(4)
Commented by duffyseafour at 2018-03-02 08:36
6千円で救える命があったということは、とても考えさせられてしまいます。
良かったと思います。
Commented by hideoku0413 at 2018-03-02 22:47
ベナンでは事故によるひき逃げや、ひったくりの話、我々の工事現場でも盗みなどが頻発してます。それに対応できる警察や保険なんかも充実していません。なんでも自分自身で解決するように強いられる社会ですね。日本は逆に整備されすぎてて、何かにつけ誰かにクレームして責任をつけさせようという社会ですね。どちらも行き過ぎると弊害があるようです。普段良い行いをしていないので、ちょっとした人助けができたことが嬉しかったです。
Commented by sukhumvit-asok at 2018-03-06 20:52
よかったなあ、と心から思います。
それからお金を出したHideさんに感謝をします。
助かった子供もHideさんのこともまったく知らない私ですが。
スクムビット
Commented by hideoku0413 at 2018-03-08 05:46
スクンビットさん、コメントありがとうございます。こういう場所にしばらく住んでいると、感覚も現地の人達と同じようになってしまうこともありますが、できるだけ日本人として誇れる行動をとれるようになりたいと思います。