Nowhere To Hide

カテゴリ:ラオス( 13 )

激流と静寂









ラオス最終日。
メコンの川は様々な表情を見せる。デット島のノンビリさは罪悪感を感じるほど最高だった。





c0248100_15544992.jpg





















c0248100_15544941.jpg




















c0248100_15544644.jpg





















c0248100_15544743.jpg





















c0248100_15544883.jpg




















c0248100_15544805.jpg




















c0248100_15544831.jpg

by hideoku0413 | 2017-09-24 16:02 | ラオス | Comments(0)

高床の家











メコン川内に浮かぶ島デット島は、雨期期間中の増水時は島が水の沈んでしまうことがあるのかもしれない。ほとんどの家は洪水対策として高床式の住居になっている。

床下は一般的に土間になっており、家畜を飼ったり農具等を保管する倉庫として利用したり様々な使い道があるようだ。古代の日本のように、ネズミやヘビなどの害獣による食料を被害を予防するための理由もあるかもしれない。

以前ミャンマーのエーヤワディー川沿いに住んでいる農民たちを訪れた際も、毎年の川の氾濫を利用して稲作をする農業だったが、やはり彼らの家も高床式だった。壁や屋根が竹や藁なんかで出来ている分、上物が軽い造りなのでこういった家が比較的簡単に作れるんだろう。

エジプトがナイルの氾濫による農業で繁栄したのと同じく、エーヤワディーもメコンもその賜物に違いない。













c0248100_04330424.jpg
















c0248100_04332392.jpg




















c0248100_04333884.jpg

















c0248100_04335498.jpg





















c0248100_04341006.jpg
















c0248100_04342387.jpg




























c0248100_04343530.jpg


























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-06 04:50 | ラオス | Comments(2)

疑わしそうな視線














c0248100_03563304.jpg


















c0248100_04054526.jpg














全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-05 04:09 | ラオス | Comments(0)

不思議そうな視線











人物のスナップはやはり自然体を撮りたい。声をかけてしまうと切り取りたい雰囲気が崩れてしまうような気がする。僕のように直観で撮りたい被写体に会った時は、後先考えずにカメラを向ける。

撮られる側の反応は様々。女子は顔を隠して避けたり逃げたりすることも多いが、東南アジアでは特に写真に撮られることに慣れていないであろう村人たちでも拒絶されることは少ない。韓国では怒られたりもしたが。僕の戦略としては、撮った後のコミュニケーションに重きを置くようにしている。撮る前に拒絶されることもあるが、こちらに敵意が無いことを示すことがいかに大事か気づく。デジタルカメラでは撮った写真をすぐに見せることができることが利点の一つだ。




c0248100_3324627.jpg





















c0248100_33365.jpg























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-04 03:48 | ラオス | Comments(0)

雨上がりの日中














c0248100_5225230.jpg






















c0248100_52376.jpg






















c0248100_5232358.jpg






















c0248100_5234219.jpg






















c0248100_524276.jpg






















c0248100_5242081.jpg






















c0248100_5243923.jpg

























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-02 05:29 | ラオス | Comments(0)

デット島スナップ














c0248100_5515440.jpg






















c0248100_551688.jpg






















c0248100_5521195.jpg






















c0248100_5525531.jpg






















c0248100_5531135.jpg

























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-09-01 05:56 | ラオス | Comments(0)

忠犬








主人の帰りを待つ犬。

こんな狭い島デット島で主人が出向く所と言えば、漁師か誰かの飼い犬だろうか。
ぐるっと歩き回って帰ってくると、その犬はまだ主人の帰りを待っている。





c0248100_4125926.jpg






















c0248100_4135174.jpg






















c0248100_4152287.jpg






















c0248100_4161819.jpg






















c0248100_4165580.jpg






















c0248100_4171562.jpg






















c0248100_41742100.jpg

























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-08-31 04:19 | ラオス | Comments(0)

Don Det








ラオス南端、メコン川に浮かぶ島デット島。ひたすらノドカ。


c0248100_494167.jpg






















c0248100_4111323.jpg






















c0248100_4113413.jpg






















c0248100_412950.jpg






















c0248100_4123318.jpg






















c0248100_4132467.jpg






















c0248100_4172031.jpg






















c0248100_417368.jpg


























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-08-29 04:19 | ラオス | Comments(0)

水牛のいる田園風景









ラオス南端、メコン川に浮かぶ島々に上陸。Four Thansand Islandの一つデッド島。雨期中の増水時対策の高床式の住居が転々と立ち並ぶ村、川沿いの景色の良いバンガロー宿をとる。

村の人々の生計は大半は農業によってたてられているよう。その他、漁業や観光業だろうか。

サバディーというラオス語の挨拶一言だけで村中を歩き回る。




c0248100_2285630.jpg






















c0248100_2295983.jpg






















c0248100_2211811.jpg






















c0248100_22131620.jpg






















c0248100_22161479.jpg






















c0248100_22191823.jpg






















c0248100_22202084.jpg






















c0248100_22215276.jpg






















c0248100_22232514.jpg

























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-08-27 22:34 | ラオス | Comments(0)

ナカサン











ラオス南部のパクセの町から乗り合いタクシーに乗って更にメコン川沿いを南下すると、もうこの先はカンボジアとの国境近く。ここまでの道のりは道路は比較的落ち着いているものの、保護林地域と接している付近のため村落は少ない。

川沿いの村ナカサンから小型船に乗る。デルタ状に広がっているメコン川のこの付近には無数の小島が点在しており、これが今回の目的地でもある通称フォーサウザンドアイランドと呼ばれる地域。




c0248100_225033.jpg






















c0248100_2251667.jpg






















c0248100_2253214.jpg






















c0248100_2255569.jpg






















c0248100_2264833.jpg






















c0248100_2272573.jpg






















c0248100_2274854.jpg






















c0248100_2281179.jpg






















c0248100_2283539.jpg

























全般ランキング
by hideoku0413 | 2017-08-27 02:32 | ラオス | Comments(0)